ブログ

臨床の学校って何?

concept
皆様
はじめまして!

臨床の学校 代表の加藤秀和です。

今回は『臨床の学校』のコンセプトをお話します。
皆様は実際の臨床に出て『目の前の患者様で悩んでしまう』ことが一度でも経験したことがあると思います。
国家試験に合格して、知識はつけたが、患者様をみる時にはそれだけでは足りていない実感がありますよね。

なぜなら、現在の養成校が乱立された状態では、どこの学校も『就職率』や『国家試験合格率』に重きを置くために、
まずは『国家試験合格』が前提となるため、多くのエネルギーがそこに注ぎこまれます。

『国家試験合格』後には考え方の転換が必要となり、
知識を臨床に落とし込み『目の前の患者様により良くなってもらう』ことが前提となる患者様のみかたと、
実際の技術を学ぶことが重要となります。

『臨床の学校』では、機能解剖・触診・動作分析からアプローチを学ぶ『基礎』、
脳血管障害・慢性疼痛などの『専門領域』を学べるカリキュラムから、
自身に必要だと思える講座を選択し、患者様が良くなるために必要なことをお伝えしていきます。

新人の方もベテランセラピストの方も是非、自分に必要だと思うカリュキュラムを選択して、
研鑽していただけたらと思います。

関連記事

  1. 肩甲上腕リズムの破綻はなぜ起こるのか
  2. 寝返りを歩行に繋げるリハビリテーション
  3. 腸骨の前傾による身体の変化
  4. 【運動連鎖】その動きには利点もあれば欠点もある
  5. 感覚と運動の乖離と疼痛
  6. 運動の再学習を促せる療法士の強み
  7. 姿勢から見えるもの
  8. 座学だけの勉強会と実技のある勉強会

最近の記事

PAGE TOP