ブログ

セラピストが無意識的に陥る罠

臨床で患者さんの身体を評価する際に、患者さんの足元に立ちながら患者さんの右足をセラピストは左手で、患者さんの左足をセラピストは右手で把持する場面があるかと思います。

またある時は立ち上がりや歩行のハンドリングをしながら、治療を含めた動きの評価を行う場面もあるのではないでしょうか。

このような場面において、セラピストは手から入力される情報に基づき主観的な評価を行っています。

「この患者さんは左下肢の緊張が強いな」
「この人は立ち上がる際に右の肩甲帯の緊張が強まりすぎるな」など、

身体の状態をコンタクトした手から読み取ることがあります。

しかし、このように「触診」を介した評価をする場合に気をつけなければならないのは「患者さんの状態をそのまま受け取れているか」ということです。

例えばセラピスト自身の上肢の緊張に左右差があれば、患者さんを触れながら得られる情報に自身の緊張の左右差が加わり、正確な情報をキャッチできないことがあります。

そのようなことが起こらないようにするためにも、セラピストは自身の手の左右差を極力なくしていくようなコンディショニング、ケアが必要になってきます。

9-13

 

***セミナー情報***
『新人セラピストのための臨床展開基礎コース』(第2クール)
✳︎内容
・第1回 身体の繋がりを理解する〜認識の構造・運動連鎖〜
10/2(日)10:00〜16:00
・第2回 基本的触診と評価〜身体構造の触診基礎・触診のコツ〜
11/6(日)10:00〜16:00
・第3回 応用的触診と評価〜質を高める感覚磨き〜
12/4(日)10:00〜16:00
✳︎講師:
佐々木 隆紘先生(東馬込しば整形外科 理学療法士)
✳︎もっと詳しく見る
http://rinsyo-gakko.jp/kiso/syokushin/
✳︎お申し込みはコチラ
https://business.form-mailer.jp/fms/d31aa2b553302

『頚部・胸郭の解剖学的重要ポイントと筋膜連鎖』
✳︎内容
解剖学の勉強方法と頚部・胸郭における解剖学的重要ポイントを学ぶ、筋膜の特徴を知り局所と全体を捉える、全身評価、局所評価、神経・血管の走行ポイント、関節・筋・靭帯・自律神経・胸膜へのアプローチ
✳︎9/25(日)10:00〜16:00
✳︎講師:
佐々木 隆紘 先生(東馬込しば整形外科 理学療法士)
✳︎もっと詳しく見る
http://rinsyo-gakko.jp/senmon/kinmaku/
✳︎お申し込みはコチラ
https://business.form-mailer.jp/fms/fc5dc6ee55181

関連記事

  1. 「トレンデレンブルグ歩行=中臀筋筋力低下」はやめましょう。
  2. 肩甲上腕リズムの破綻はなぜ起こるのか
  3. バイオメカニクスの要素を治療展開に活かす
  4. 【運動連鎖】歩行時に見落としたくないウィンドラス機構による足部安…
  5. 【チャレンジ問題】これが解ければあなたのセラピストIQは150以…
  6. 【慢性疼痛】下肢痛に対するリハビリテーション
  7. 歩行における小趾筋の役割
  8. 痛みが長引きやすい変形性膝関節症(膝OA)で代表的な2つの病態と…

最近の記事

PAGE TOP