ブログ

触診が上達しない2つの理由

触診は”感覚”の上に成り立つ

触診が上手くならない人は「何が原因で」触診ができないのかを考えたとき、大きくわけて「2つ」挙げられます。

それは、「知識不足」「感覚の鈍さ」です。

触診ができるというのは、「触れて分かる」という状態。

つまり、「構造を認知できる状態」ということです。

認知というものを考えると、認知するには「感覚」できることが必須になります。

感じたものを「経験」や「学習」に基づき解釈するのが「認知」です。

そのため、触って感じたものが何であるのか?その知識がなければ認知できないのです。

その位置に何が存在するのか?どのような構造的特徴があるのか?

解剖学的なイメージがなければ触診はできません。

次に大事なのは、触診はそもそも「感覚」できなければ、認知はできません。

知識があった方が感覚もわかりやすくなるので、どちらも大事ですが、触診においては、この「感覚する」ということが本当に重要です。

感覚がベースにあって、知覚・認知へと昇華していく。

つまり「分かる」という状態になる。

感覚が鈍ければ、どうあがいても認知することはできないのです。つまり、触診は上手くならない。

このことを意識するだけでも、日々の臨床が変わってきます。少しでも、あなたの臨床に役に立てば幸いです。

さらに深く学びたい方はこちらのセミナーがおすすめ!


『触診上達理論〜触診スキルアップの考え方〜』【肘・手関節編】←セミナー詳細をクリック!!

・内容:肘、手関節の骨、筋、靭帯、動脈、神経の触診(手根骨・前腕骨間膜・腕尺関節・正中神経・上腕動脈・円回内筋・長掌筋・尺側手根屈筋など)、問診のコツ、解剖学的知識の確認、骨、靭帯、筋の触り分け方etc…
・日時:6/11(日)10:00〜16:00
・講師:押川 武将先生(東馬込しば整形外科 理学療法士)
・定員:25名

6/11(日)
『触診上達理論~触診スキルアップの考え方~』
申し込みボタン

 

blog_botan1
blog_botan2
blog_botan3

 

触診セミナーテキスト 無料プレゼント

fullsizeoutput_26bc

過去に開催された「触診セミナー」のテキストを特別プレゼント!(このプレゼントは予告なく終了することがあります)
触診セミナーテキスト
無料プレゼントご希望の方はこちら

 

関連記事

  1. 【肩・肘関節】上肢の機能不全が歩行に与える影響
  2. 治っていくための条件とは?
  3. 姿勢評価は原因を探るもの
  4. 臨床の学校って何?
  5. 運動の再学習を促せる療法士の強み
  6. どうすれば上手くなる?新人療法士がまず学ぶべき触診のテクニック
  7. 【国際リハ】国際リハビリテーションを日本で学べるチャンス
  8. 【評価】セラピストが考える客観的要素と主観的要素の落とし穴

最近の記事

PAGE TOP