ブログ

触診が上手くなると何がわかる?

触れているところと”別の場所”も感じ取れるようになる

触診が上手くなる事でセラピスト自身にどういった変化が起こるのでしょう。

いきなりですが、質問です。

『あなたの周りのセラピストで、動かしている、または触れている部分とは離れたところに
動きの制限を感じ取る事が出来る方はいませんか? 』

それができるセラピストの多くは「触診能力が優れている」と考えられます。

これらは触れる事で筋膜のテンションや、各組織の繋がりの延長線上において動きの硬さを感じているのです。

これはセラピストの意識の持ち方や鍛錬次第で大きく変わってきます。

また訓練次第でこの能力は高めることが可能です。

セラピストが触れている部位や、動かしている関節にばかり目が向いてしまっては、こういった能力はおそらく身に付きません。

また、触れる際のセラピスト自身の姿勢や位置取りなどによっても変化してしまいます。

頭が前のめりになって、触れている部位ばかり目が向いていると、その先の離れた部位の状態はなかなか察知しづらいのです。

すなわち、触れるようになるためには「手の感覚を鍛える」だけでは少し不十分です。

まずは触れる際の自分の位置取りを変えてみて、それによって手から感じられる情報の変化に意識を向けてみてください。

 

《セミナー情報》
①『解剖学的重要ポイントと筋膜連鎖〜四肢における解剖学的重要ポイントの考え方、評価・治療〜』←セミナー詳細をクリック!!

・内容:解剖学の勉強方法と頚部・胸郭における解剖学的重要ポイントを学ぶ。筋膜の特徴を知り局所と全体を捉える。全身評価、局所評価、神経・血管の走行ポイント、関節・筋・靭帯・自律神経・胸膜へのアプローチを学ぶ。
・日時:1/22(日)10:00〜16:00
・講師:佐々木 隆紘先生(東馬込しば整形外科 理学療法士)
・定員:32名

1/22(日)
『解剖学的重要ポイントと筋膜連鎖 』
申し込みボタン

 

②『スポーツ理論から学ぶ局所から全体へ -全体の連動性を評価して運動療法に繋げる-』←セミナー詳細をクリック!!

・日時:1/29(日)10:00〜16:00
・講師:平 純一郎(アスリートRIOS副代表、まつど西口整形クリニックリハビリテーション室 室長)
・定員:30名 ※学生はお得な学割料金あり!

1/29(日)
『局所から全体へ-全体の連動性を評価して運動療法に繋げる-』
申し込みボタン

 

触診セミナーテキスト 無料プレゼント

fullsizeoutput_26bc

過去に開催された「触診セミナー」のテキストを特別プレゼント!(このプレゼントは予告なく終了することがあります)
触診セミナーテキスト
無料プレゼントご希望の方はこちら

 

関連記事

  1. 仮説の証明
  2. 【運動連鎖】脊柱後彎が足部へ与える影響〜ウィンドラス機構の破綻と…
  3. 触診には解剖学が大事!それだけ…?
  4. 間違った触診が引き起こしてしまうリスク
  5. セラピストが無意識的に陥る罠
  6. 観察ができるセラピストの強み
  7. 歩行の一歩目は神経回路が異なる〜運動連鎖と神経制御の視点〜
  8. 姿勢を評価する上で欠かせない筋による抑制機能

最近の記事

PAGE TOP