ブログ

“Head Control”から動作が始まる運動安定化要素

安定した動作とHead Control(ヘッドコントロール)

 

%e5%b1%b1%e5%8f%a3%e3%81%95%e3%82%931021

Head Controlは様々な動作において先行して起こります。

Head Controlは頚長筋などの椎前筋群の作用による上位頚椎の屈曲によって生じます。

そのため、上位頚椎の屈曲が生じず、下位頚椎が屈曲してしまうと上位頚椎は伸展位となり、体幹の腹側筋群ではなく背側筋群がセットされてしまいます。

そうなると屈曲から始動する寝返りや起き上がりは過活動もしくは代償動作が強まります。

寝返りや起き上がりでHead Controlが起きないと臥位からの抗重力活動が生じません。

抗重力活動が生じないと頭部の重量を胸郭で支えきれず胸郭の浮き上がりが生じてしまいます。

この胸郭の浮き上がりは横隔膜のアライメントを崩し、インナーマッスルの活動を低下させます。

また、胸郭の浮き上がりは連鎖的に腰椎の前弯や股関節屈曲位などを助長するため、体軸内回旋が努力的になってしまいます。

つまり、動作に先行して上位頚椎のわずかな屈曲が生じることで、上部体幹から下部体幹へと筋連鎖が起こり、安定した動作へと繋がります。

片麻痺や痛みのある方などはこのHead Controlが正しく起こっていないことが認められることが多いです。

Head Controlは発達段階でも早い時期に獲得されるため、ヒトには重要な運動安定化要素となります。

寝返りや起き上がりを観るときは頭頚部の動きが全身に対してどのように関連付けられているか、頚長筋が働くための筋間協調性が保たれているか評価することが大切です。

 

《セミナー情報》
『運動連鎖に基づく姿勢・動作分析からの治療展開』(東京開催)←詳細をクリック!!(講義資料が一部閲覧できます)

・日時:11/20(日)10:00〜16:00
・講師:中村 祐太先生(東馬込しば整形外科 理学療法士)
・定員:30名→9名(残りわずか!)

11/20(日)
『運動連鎖に基づく姿勢・動作分析からの治療展開』
申し込みボタン

 

『一日で学ぶ 〜全身から捉えるROM制限、筋出力低下に対するアプローチ〜』(大阪開催)←詳細をクリック!!

・内容:新人セラピストの多くが悩む「疾患別リハビリテーションプログラム」の活用の仕方。臨床で実際の患者さんに対しては「疾患別」でなく「個別性」を捉える必要があります。リハビリで遭遇することの特に多い、局所の「ROM制限」と「筋力低下」にフォーカスし、さらに全体としての姿勢・身体内の運動連鎖にまで視点を広げながら、「ROM」や「筋力」の評価・治療についての考え方をお伝えします。
・日時:11/20(日)10:30〜16:30
・講師:佐々木 隆紘 先生(東馬込しば整形外科 理学療法士)

11/20(日)
『全身から捉えるROM制限、筋出力低下に対するアプローチ』
申し込みボタン

 

『スポーツ理論から学ぶ局所から全体へ -全体の連動性を評価して運動療法に繋げる-』(東京開催)←詳細をクリック!!
・日時:12/18(日)10:00〜16:00
・講師:平 純一郎(アスリートRIOS副代表、まつど西口整形クリニックリハビリテーション室 室長)
菅井 謙介(RIOS栃木県支部代表、RIOS野球専門トレーナー)
・定員:30名→16名 ※学生はお得な学割料金あり!
12/18(日)
『局所から全体へ-全体の連動性を評価して運動療法に繋げる-』
申し込みボタン

 

触診セミナーテキスト 無料プレゼント

%e8%a7%a6%e8%a8%ba%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%82%bb%e3%82%99%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%86%e3%82%ad%e3%82%b9%e3%83%88

過去に開催された「触診セミナー」のテキストを特別プレゼント!(このプレゼントは予告なく終了することがあります)
触診セミナーテキスト
無料プレゼントご希望の方はこちら

 

関連記事

  1. 歩行の臨床バイブルVol.1〜整形疾患に特有な異常歩行〜
  2. 触診が上手くなると何がわかる?
  3. 臨床の学校って何?
  4. 姿勢制御の目的
  5. 【評価】クライアントの”異常”にいち早く…
  6. 恥骨を評価すべき理由
  7. 【運動連鎖】歩行時に見落としたくないウィンドラス機構による足部安…
  8. 頚部の伸長がなぜ足にまで伝わるのか?

最近の記事

PAGE TOP