ブログ

触診って“皮膚”にしか触れてない?

深層筋は触れらない?

触診に関する悩みを聞いたり、これまで開催した触診セミナーで受けた質問などに「深層筋には触れらないと言われた」というものがあります。

触診をしていく際に「浅層筋には触れるけど、深層筋には触れない」と言った話は聞いたことがある人も多いかと思います。

しかし、よく考えるとこれはおかしなことだと思いませんか?

実際に私たちが触れているのは「皮膚」です。または患者さんの「洋服」ですよね。なので厳密に考えると、深層筋どころか浅層筋にも触れてはいないのです。

では何を基準に「浅層筋には触れるけど、深層筋には触れない」と言っているのでしょうか?

触診に必要なのは、このような「思い込み」をなくすことです。

臨床で行う触診は厳密には皮膚にしか触れられていないので、「組織を感じ取れている状態」を触診できている状態だと言っているのだと考えます。

深層部の筋や骨、内臓などを触診していく際にはこのようなことを理解しておくことが大切です。

さらに深く学びたい方はこちらのセミナーがおすすめ!

肩の触診セミナー
『触診上達理論〜触診スキルアップの考え方〜』【肩関節編】←セミナー詳細をクリック!!

・内容:肩関節の骨・筋・靭帯・動脈の触診(肩甲骨・上腕骨・肩鎖関節・胸鎖関節・烏口鎖骨靭帯・回旋筋腱板・大円筋・小胸筋など)、問診のコツ、解剖学的知識の確認、骨、靭帯、筋の触り分け方etc…
・日時:7/2(日)10:00〜16:00
・講師:押川 武将先生(東馬込しば整形外科 理学療法士)
・定員:25名

7/2(日)
『触診上達理論~触診スキルアップの考え方~』
申し込みボタン

 

blog_botan1
blog_botan2
blog_botan3

 

触診セミナーテキスト 無料プレゼント

fullsizeoutput_26bc

過去に開催された「触診セミナー」のテキストを特別プレゼント!(このプレゼントは予告なく終了することがあります)
触診セミナーテキスト
無料プレゼントご希望の方はこちら

 

関連記事

  1. 肩関節の評価バイブルVol.2〜肩甲骨編〜
  2. 筋力訓練を続けたら、どんどん動けなくなってしまいました
  3. 感覚受容器から触診を考える
  4. 骨盤アプローチのコツは『妄想力』!?
  5. 姿勢を評価する上で欠かせない筋による抑制機能
  6. 触診が上手くなると何がわかる?
  7. 気をつけて!!不快な触診が身体環境に及ぼす影響とは?
  8. 【肩・肘関節】上肢の機能不全が歩行に与える影響

最近の記事

PAGE TOP