ブログ

【運動連鎖】寝返り動作を用いて歩行を促通する方法

寝返りで歩行の運動要素を促通する

寝返り動作は姿勢をコントロールするために必要なHeadControlや立ち直り反応など、様々な運動要素が含まれています。

また、寝返り動作にはリーチ動作が重要となります。

寝返りの初動作は頭頚部の屈曲と回旋ですが、それだけでは寝返りはできません。ここで重要となってくるのが肩甲骨の位置です。

寝返りには肩甲骨が前方突出することで、寝返る側への推進力や阻害因子が消失し、頭頚部に対する体幹の立ち直り反応を誘発することができます。

寝返るときの上部及び下部肩甲骨は共に前方突出していることが重要となります。

上部肩甲骨が前方突出することで体軸内回旋を誘発し、下部肩甲骨が前方突出することで胸郭上を転がるように寝返れるため重心の軌道を最小限にできます。

また、肩甲骨前方突出におけるリーチ動作の主動作筋は前鋸筋です。

前鋸筋が作用することで内腹斜筋ー外腹斜筋連結が活動し、体軸内回旋に至ります。

そのため、この寝返り動作を用いてリーチ動作を練習することで、姿勢制御の再学習や歩行時の回旋要素及び、遊脚への反応促通など様々な動作場面に汎用することができます。

脳卒中など歩行練習する際は、寝返り動作で運動要素を促通してから行うと効果的です。

さらにもっと深く学びたい方はこちらのセミナーがオススメ!

“運動連鎖セミナーの図”
『運動連鎖に基づく姿勢・動作分析からの治療展開(歩行編)』←セミナー詳細をクリック!!

・日時:6/18(日)10:00〜16:00
・講師:中村 祐太先生(東馬込しば整形外科 理学療法士)
・定員:25名
・内容:基本動作分析、歩行への繋げ方、歩行分析、症状との関係と治療展開etc…

6/18(日)
『運動連鎖に基づく姿勢・動作分析からの治療展開(歩行編)』
申し込みボタン

 

blog_botan1
blog_botan2
blog_botan3

 

触診セミナーテキスト 無料プレゼント

fullsizeoutput_26bc

過去に開催された「触診セミナー」のテキストを特別プレゼント!(このプレゼントは予告なく終了することがあります)
触診セミナーテキスト
無料プレゼントご希望の方はこちら

 

関連記事

  1. どうすれば上手くなる?新人療法士がまず学ぶべき触診のテクニック
  2. 説明できる?姿勢評価で見落としてはいけない「質量中心」の捉え方と…
  3. “治療的”評価を活用する
  4. 歩行時の股関節の役割
  5. 痛みが長引きやすい変形性膝関節症(膝OA)で代表的な2つの病態と…
  6. 臨床の学校って何?
  7. 肩甲帯に対する運動療法の重要ポイント
  8. 触診が上達するための〝ちょっとした〟考え方

最近の記事

PAGE TOP