ブログ

腰椎の側屈と回旋の関係

腰椎のカップリングモーション

13924818_944276939032508_3100169981440838869_n

 

腰痛のある患者さんに対して介入する際、腰椎の可動域を評価すると思います。

そこで腰椎の回旋や側屈も評価すると思います。

その時このような経験はありませんか?

”回旋を促したのに側屈の可動域が上がった”

これは腰椎のカップリングモーションによるものです。

カップリングモーションは隣り合う関節運動の方向が2つ同時に起こるというものです。
脊椎では回旋と側屈がセットで起こります。

基本的にはL1〜5は側屈と反対方向に回旋します。
L5/仙骨は側屈と同方向に回旋すると言われています。

しかし、これは屈曲位か伸展位かで変わってきます。

伸展位ではL1~L2/L3~L4で側屈と反対側へ回旋し、屈曲位でL1~L2/L3~L4で側屈と同方向へ回旋します。

L2~L3/L4~L5では伸展位で側屈と同方向へ回旋し、屈曲位で反対方向へ回旋すると言われています。

このように屈曲位や伸展位でカップリングモーションが変化するため、疼痛が出る姿勢は屈曲位なのか伸展位なのかを評価しその場面での回旋や側屈の状態を見る必要があります。

 

《セミナー情報》
①『スポーツ理論から学ぶ局所から全体へ -全体の連動性を評価して運動療法に繋げる-』(東京開催)←セミナー詳細をクリック!!

・日時:12/18(日)10:00〜16:00
・講師:平 純一郎(アスリートRIOS副代表、まつど西口整形クリニックリハビリテーション室 室長)
菅井 謙介(RIOS栃木県支部代表、RIOS野球専門トレーナー)
・定員:30名→16名 ※学生はお得な学割料金あり!

12/18(日)
『局所から全体へ-全体の連動性を評価して運動療法に繋げる-』
申し込みボタン

 

②『応用的触診と評価〜質を高める感覚磨き〜』(東京開催)←セミナー詳細をクリック!!

・内容:身体が全身繋がっているということは最近では当たり前の知識となっています。患者さんの状態を把握するうえで、まず武器となるのが視診や触診です。触診が全てではありませんが、あらゆる評価・治療において触診技術は役立ちます。すべての”基本”にして”極意”である「触診技術」を磨いていきます。
・日時:12/4(日)10:00〜16:00
・講師:佐々木 隆紘先生(東馬込しば整形外科 理学療法士)
・定員:30名→9名

12/4(日)
『応用的触診と評価〜質を高める感覚磨き〜 』
申し込みボタン

 

③『運動連鎖に基づく姿勢・動作分析からの治療展開』(東京開催)←セミナー詳細をクリック!!(講義資料が一部閲覧できます)

・日時:12/18(日)10:00〜16:00
・講師:中村 祐太先生(東馬込しば整形外科 理学療法士)
・定員:30名→11名

12/18(日)
『運動連鎖に基づく姿勢・動作分析からの治療展開』
申し込みボタン

 

触診セミナーテキスト 無料プレゼント

%e8%a7%a6%e8%a8%ba%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%82%bb%e3%82%99%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%86%e3%82%ad%e3%82%b9%e3%83%88

過去に開催された「触診セミナー」のテキストを特別プレゼント!(このプレゼントは予告なく終了することがあります)
触診セミナーテキスト
無料プレゼントご希望の方はこちら

 

関連記事

  1. 歩行における小趾筋の役割
  2. 股関節の体重支持機構と骨盤・脊柱との関係性
  3. 姿勢制御に関わる重心とモーメントの関係
  4. 【チャレンジ問題】これが解ければあなたのセラピストIQは150以…
  5. 【運動連鎖】脊柱後彎が足部へ与える影響〜ウィンドラス機構の破綻と…
  6. 【機能解剖学】3分で理解する横隔膜の機能解剖と臨床アプローチ
  7. 動作指導に悩んでいるセラピストへ。基本動作を理解するには「発達」…
  8. 下行疼痛抑制系を機能させる

最近の記事

PAGE TOP