ブログ

トレーニングすることが難しい大腰筋

姿勢保持筋としても重要な大腰筋と骨盤底筋群

13718780_921150664678469_1294880680352467265_n

 

股関節荷重下で重心をコントロールするために必須の筋は、大腰筋骨盤底筋群です。
これらに左右差または、不活動が見られる場合、股関節の荷重コントロールが難しくなるケースが多くあります。

これらの筋肉のトレーニングはこれまでにもたくさんあり、実際の臨床でも取り入れられています。
今回は、その方法の一部をおしらせします。

まず、大腰筋ですが、この筋肉は抗重力筋として非常に重要であり、トレーニングするのが難しい筋でもあります。
まず、初期段階としてトレーニングというよりは、活性化するということがメインになります。

まずは、大まかに起始と停止をさわりただ足を上げるだけです。

触る場合と触らない場合で足の上げる時の筋活動を感じてもらえばわかるのですが、触っていないと大腿四頭筋を主に使うのが感じられると思います。

次に骨盤底筋群ですが、こちらもトレーニングといよりは筋に対して、伸張ストレスをかけ、活性化することから始めます。
立位にて難しい場合には、四つ這いで行う方法もあります。

こちらは、単純にお腹を膨らますだけです。

お腹を膨らました状態で、その膨らみを、へそ下で膨らますようにします。
これにより、軽度ではありますが伸張ストレスを物理的に与えることができます。

 

《セミナー情報》

①『解剖学的重要ポイントと筋膜連鎖〜四肢における解剖学的重要ポイントの考え方、評価・治療〜』←セミナー詳細をクリック!!

・内容:解剖学の勉強方法と頚部・胸郭における解剖学的重要ポイントを学ぶ。筋膜の特徴を知り局所と全体を捉える。全身評価、局所評価、神経・血管の走行ポイント、関節・筋・靭帯・自律神経・胸膜へのアプローチを学ぶ。
・日時:1/22(日)10:00〜16:00
・講師:佐々木 隆紘先生(東馬込しば整形外科 理学療法士)
・定員:32名

1/22(日)
『解剖学的重要ポイントと筋膜連鎖 』
申し込みボタン

 

②『スポーツ理論から学ぶ局所から全体へ -全体の連動性を評価して運動療法に繋げる-』←セミナー詳細をクリック!!

・日時:1/29(日)10:00〜16:00
・講師:平 純一郎(アスリートRIOS副代表、まつど西口整形クリニックリハビリテーション室 室長)
・定員:30名 ※学生はお得な学割料金あり!

1/29(日)
『局所から全体へ-全体の連動性を評価して運動療法に繋げる-』
申し込みボタン

 

blog_botan1
blog_botan2
blog_botan3

 

触診セミナーテキスト 無料プレゼント

fullsizeoutput_26bc

過去に開催された「触診セミナー」のテキストを特別プレゼント!(このプレゼントは予告なく終了することがあります)
触診セミナーテキスト
無料プレゼントご希望の方はこちら

 

関連記事

  1. 評価の技術が治療にも繋がってしまう?!評価の正確性に重要な触診と…
  2. 【肩関節】機能的な肩関節に必要な「肩甲骨」と「脊柱」の関係
  3. 歩行する上で重要な骨盤の回旋運動
  4. 筋力訓練を続けたら、どんどん動けなくなってしまいました
  5. 触診が上達しない2つの理由
  6. 触診って“皮膚”にしか触れてない?
  7. セラピストが対応できる強みとは?
  8. 動作指導に悩んでいるセラピストへ。基本動作を理解するには「発達」…

最近の記事

PAGE TOP