ブログ

特に気をつけたい頸部治療時の注意点とは?

頸部の神経脈管系

images

 

臨床において、評価及び治療の際に頚部を触れることもあると思いますが、頸部の神経脈管は複雑な構造です。

椎間孔はC2~3レベルで最も大きく、C7に下がるにつれて徐々に小さくなっていきます。

これに対し、脊髄の断面積は下部の頸椎ほど大きくなるため、神経が走行するスペースは下に向かうほど小さくなります。

また、神経管に合わし、頸部には椎骨動脈があり、筋や脊髄に血液を供給しています。

鎖骨下動脈から伸びている椎骨動脈はC6~1の横突起を通って走行しています。

そこから環椎で後方に曲がり、C1の後弓から大後頭孔を通った後左右の椎骨動脈は1つになるため、椎骨動脈は歪曲している構造になります。

そのため椎骨動脈は力学的な負荷に弱いと言われています。

頸部は姿勢制御系にも大きく関与してくるため、評価・治療としての介入は特に必要な場合があります。

しかし、構造上脆弱な部位でもあるため触り方にはその構造を把握しておくことが重要です。

筋だけでなく血管や神経の走行、骨の形状などイメージしながら介入することが大切です。

 

《セミナー情報》

①『解剖学的重要ポイントと筋膜連鎖〜四肢における解剖学的重要ポイントの考え方、評価・治療〜』←セミナー詳細をクリック!!

・内容:解剖学の勉強方法と頚部・胸郭における解剖学的重要ポイントを学ぶ。筋膜の特徴を知り局所と全体を捉える。全身評価、局所評価、神経・血管の走行ポイント、関節・筋・靭帯・自律神経・胸膜へのアプローチを学ぶ。
・日時:1/22(日)10:00〜16:00
・講師:佐々木 隆紘先生(東馬込しば整形外科 理学療法士)
・定員:32名

1/22(日)
『解剖学的重要ポイントと筋膜連鎖 』
申し込みボタン

 

②『スポーツ理論から学ぶ局所から全体へ -全体の連動性を評価して運動療法に繋げる-』←セミナー詳細をクリック!!

・日時:1/29(日)10:00〜16:00
・講師:平 純一郎(アスリートRIOS副代表、まつど西口整形クリニックリハビリテーション室 室長)
・定員:30名 ※学生はお得な学割料金あり!

1/29(日)
『局所から全体へ-全体の連動性を評価して運動療法に繋げる-』
申し込みボタン

 

触診セミナーテキスト 無料プレゼント

fullsizeoutput_26bc

過去に開催された「触診セミナー」のテキストを特別プレゼント!(このプレゼントは予告なく終了することがあります)
触診セミナーテキスト
無料プレゼントご希望の方はこちら

 

関連記事

  1. 感覚受容器から触診を考える
  2. 【チャレンジ問題】これが解ければあなたのセラピストIQは150以…
  3. どうすれば上手くなる?新人療法士がまず学ぶべき触診のテクニック
  4. 内臓も可動域制限の要因となる
  5. バイオメカニクスの要素を治療展開に活かす
  6. 下行疼痛抑制系を機能させる
  7. 足部・足関節の機能評価と歩行への治療戦略
  8. 大腰筋の機能解剖学

最近の記事

PAGE TOP