ブログ

腸骨の前傾による身体の変化

骨盤を前傾させるための徒手アプローチ

13659052_923717531088449_6790788158097326908_n

 

骨盤の前傾/後傾も、仙腸関節レベルで考えた際には腸骨前傾(相対的に仙骨のCounter Neutation)と腸骨後傾(相対的に仙骨のNeutation)があります。

一見骨盤が後傾しているように見えても、仙骨から後傾しているのか、腸骨が後傾しているのかなど、細かくアライメントや副運動を確認することで把握することができます。

臨床で骨盤後傾が問題となることは多々あるかと思いますが、骨盤を前傾させるためのアプローチとして腸腰筋の筋力強化ばかりになってはいませんか?

確かに腸腰筋の筋力は骨盤を前傾位に保つ為に必要な要素でありますが、筋力が弱くなる原因として不良アライメントが先にあることが多いです。

そして骨盤後傾の不良アライメントを作る要因として多いのが、梨状筋殿筋群過緊張があります。

緊張しているのにも理由があるため、「硬いから緩める」という短絡的なアプローチはリスクがありますが、適切に考慮してアプローチをすることで劇的に骨盤のアライメントが変化します。

骨盤(腸骨)が前傾することで大腿四頭筋の緊張も緩みますし、腰痛・膝の痛み、股関節の痛みも緩和されることを多く経験します。

また脊柱のアライメントの変化により、頚部や肩甲骨の機能障害も改善されることも期待できます。その他にも血管や神経を介した全身的な変化も見込めることと思います。

結局一つの治療における変化は、セラピストがどれだけの考察を基に事前に観察されるかに委ねられている一面もあると感じます。

 

《セミナー情報》

①『解剖学的重要ポイントと筋膜連鎖〜四肢における解剖学的重要ポイントの考え方、評価・治療〜』←セミナー詳細をクリック!!

・内容:解剖学の勉強方法と頚部・胸郭における解剖学的重要ポイントを学ぶ。筋膜の特徴を知り局所と全体を捉える。全身評価、局所評価、神経・血管の走行ポイント、関節・筋・靭帯・自律神経・胸膜へのアプローチを学ぶ。
・日時:1/22(日)10:00〜16:00
・講師:佐々木 隆紘先生(東馬込しば整形外科 理学療法士)
・定員:32名

1/22(日)
『解剖学的重要ポイントと筋膜連鎖 』
申し込みボタン

 

②『スポーツ理論から学ぶ局所から全体へ -全体の連動性を評価して運動療法に繋げる-』←セミナー詳細をクリック!!

・日時:1/29(日)10:00〜16:00
・講師:平 純一郎(アスリートRIOS副代表、まつど西口整形クリニックリハビリテーション室 室長)
・定員:30名 ※学生はお得な学割料金あり!

1/29(日)
『局所から全体へ-全体の連動性を評価して運動療法に繋げる-』
申し込みボタン

blog_botan1
blog_botan2
blog_botan3

 

触診セミナーテキスト 無料プレゼント

fullsizeoutput_26bc

過去に開催された「触診セミナー」のテキストを特別プレゼント!(このプレゼントは予告なく終了することがあります)
触診セミナーテキスト
無料プレゼントご希望の方はこちら

 

関連記事

  1. トレーニングすることが難しい大腰筋
  2. 【運動連鎖】歩行を勉強したい人向け。ロコモーターユニットとパッセ…
  3. 恥骨を評価すべき理由
  4. 大腰筋の機能解剖学
  5. セラピストが無意識的に陥る罠
  6. 胸郭の運動連鎖
  7. 筋膜セーターコンセプト
  8. 関節可動域訓練をすると悪くなるケース

最近の記事

PAGE TOP