ブログ

感覚と運動の乖離と疼痛

感覚の乖離と痛み

12644762_818936781566525_4880152249420755463_n

 

運動を行う際、運動前野で作られた運動プログラムは一次運動野に送られて脊髄下降路を通って運動が実施されます。

これと同時に、運動プログラムは遠心性コピーとして頭頂葉に送られ、視覚情報や体性感覚フィードバックと比較され、誤差修正が行われます。

この誤差修正の繰り返しが運動学習となり円滑な運動を可能にします。

また、遠心性コピー情報と感覚フィードバックの一致により「自分が自分自身の身体を動かしている」という運動主体感が生まれます。

逆に遠心性コピー情報と感覚情報の不一致が続くことで異常感覚や疼痛へとつながります。

疼痛のある患者(慢性疼痛の患者)では感覚の乖離により疼痛が出現していることが多くあります。

この場合、この感覚の乖離を修正していかなくては疼痛はなかなか改善しません。

客観的な身体運動と主観的な感覚の乖離を埋めるようなバーバルコマンドやアプローチを行うことで運動主体感が生まれ、疼痛コントロールへとつながります。

 

《セミナー情報》

①『解剖学的重要ポイントと筋膜連鎖〜四肢における解剖学的重要ポイントの考え方、評価・治療〜』←セミナー詳細をクリック!!

・内容:解剖学の勉強方法と頚部・胸郭における解剖学的重要ポイントを学ぶ。筋膜の特徴を知り局所と全体を捉える。全身評価、局所評価、神経・血管の走行ポイント、関節・筋・靭帯・自律神経・胸膜へのアプローチを学ぶ。
・日時:1/22(日)10:00〜16:00
・講師:佐々木 隆紘先生(東馬込しば整形外科 理学療法士)
・定員:32名

1/22(日)
『解剖学的重要ポイントと筋膜連鎖 』
申し込みボタン

 

②『スポーツ理論から学ぶ局所から全体へ -全体の連動性を評価して運動療法に繋げる-』←セミナー詳細をクリック!!

・日時:1/29(日)10:00〜16:00
・講師:平 純一郎(アスリートRIOS副代表、まつど西口整形クリニックリハビリテーション室 室長)
・定員:30名 ※学生はお得な学割料金あり!

1/29(日)
『局所から全体へ-全体の連動性を評価して運動療法に繋げる-』
申し込みボタン

 

blog_botan1
blog_botan2
blog_botan3

 

触診セミナーテキスト 無料プレゼント

fullsizeoutput_26bc

過去に開催された「触診セミナー」のテキストを特別プレゼント!(このプレゼントは予告なく終了することがあります)
触診セミナーテキスト
無料プレゼントご希望の方はこちら

 

関連記事

  1. 肩甲上腕リズムの破綻はなぜ起こるのか
  2. 肩甲帯に対する運動療法の重要ポイント
  3. 間違った触診が引き起こしてしまうリスク
  4. 【評価】もう一度確認しておきたい!姿勢評価に必要な「質量中心」の…
  5. 関節拘縮の利点、筋力低下の利点
  6. 歩行における小趾筋の役割
  7. バイオメカニクスの要素を治療展開に活かす
  8. セラピストが無意識的に陥る罠

最近の記事

PAGE TOP