ブログ

下行疼痛抑制系を機能させる

痛みは取るものではなく抑制するもの

images

 

痛みは下行疼痛抑制系により痛み刺激を緩衝しています。

下行疼痛抑制系は脳幹部や大脳皮質から下行する刺激を脊髄後角での1次ニューロンと2次ニューロンのシナプス伝達を抑制しています。

これに関わる脊髄路として、脳幹の神経細胞から脊髄後角に降りる脳幹-脊髄路と、錐体路とも呼ばれている大脳皮質-脊髄路があります。

その中でも、脳幹部による下行疼痛抑制系が重要視されています。

この経路によってノルアドレナリンやセロトニンなどの内因性の鎮痛物質が脳幹から脊髄後角に送り込まれます。

そのため、身体に対し痛みを感じさせると同時にその痛みが過剰にならないようフィードバックをかけ、痛みを緩衝しています。

その役割を担っているのがセロトニンノルアドレナリンです。

セロトニンは発痛物質でもありますが、これは部位におけるセロトニンの受容体の種類が異なるため作用も異なっており、末梢では発痛し、脊髄後角では鎮痛する作用を有しています。

ノルアドレナリンは神経伝達物質の放出抑制と活動電位の発生抑制に作用するため、痛み刺激の緩衝に寄与しています。

つまり、下行疼痛抑制系のセロトニン作動性や、ノルアドレナリン作動性が活発化されることで痛みを抑制することができます。

この鎮痛作用は瞑想でも働かせることができるため、治してもらうのではなく自分で治すという意識付けが重要です。

そのためには、動きが良くなるという運動イメージへの気付きが必要となります。

セラピストは、機能的な痛みの原因を把握するため全身の関係性から局所の状態まで評価し介入していくことが求められます。

 

《セミナー情報》
①『スポーツ理論から学ぶ局所から全体へ -全体の連動性を評価して運動療法に繋げる-』(東京開催)←セミナー詳細をクリック!!

・日時:3/12(日)10:00〜16:00
・講師: 菅井 謙介(RIOS栃木県支部代表、RIOS野球専門トレーナー)
・定員:30名 ※学生はお得な学割料金あり!

3/12(日)
『局所から全体へ-全体の連動性を評価して運動療法に繋げる-』
申し込みボタン

 

②『解剖学的重要ポイントと筋膜連鎖〜頚部・胸郭における解剖学的重要ポイントの考え方、評価・治療〜』(東京開催)←セミナー詳細をクリック!!

・内容:解剖学の勉強方法と頚部・胸郭における解剖学的重要ポイントを学ぶ、筋膜の特徴を知り局所と全体を捉える、全身評価、局所評価、神経・血管の走行ポイント、関節・筋・靭帯・自律神経・胸膜へのアプローチ
・日時:3/12(日)10:00〜16:00
・講師:佐々木 隆紘先生(東馬込しば整形外科 理学療法士)
・定員:32名

3/12(日)
『解剖学的重要ポイントと筋膜連鎖 』
申し込みボタン

 

③『学校では教えられなかった触診の基礎とテクニック』(福岡開催)←セミナー詳細をクリック!!

・内容:触診上達のために必要な考え方、触れる前の準備、クライアントの緊張を高める不快なタッチとは、基本的な触れ方、筋肉・骨・内臓の触診
・日時:3/18(土)11:00~15:30
・講師:加藤 秀和(臨床の学校 代表 理学療法士)
・定員:25名

3/18(土)
『学校では教えられなかった触診の基礎とテクニック 』
申し込みボタン

 

④『全体から局所を見る筋膜連鎖アプローチ』(福岡開催)←セミナー詳細をクリック!!

・内容:筋膜とは、筋膜の触診、筋膜を考慮した全身の捉え方、姿勢制御アプローチのための体の捉え方、下肢筋筋膜経線を利用したアプローチ
・日時:3/19(日)10:00~15:30
・講師:加藤 秀和(臨床の学校 代表 理学療法士)
・定員:25名

3/19(日)
『全体から局所を見る筋膜連鎖アプローチ』
申し込みボタン

 

⑤『触診上達理論〜触診スキルアップの考え方〜』(東京開催)←セミナー詳細をクリック!!

・内容:骨盤帯の骨・筋・靭帯・動脈・神経の触診(仙骨・恥骨・坐骨・股関節・仙結節靭帯・腸骨筋・大腿筋膜張筋・梨状筋・スカルパ三角など)、触診上達のための考え方、解剖学的知識の確認、骨・靭帯・筋の触り分け方、感覚を磨くための鍛錬方法、ポジショニング・体の使い方
・日時:4/9(日)10:00〜16:00
・講師:押川 武将先生(東馬込しば整形外科 理学療法士)
・定員:25名 

4/9(日)
『触診上達理論〜触診スキルアップの考え方〜』
申し込みボタン

 

⑥『国際リハビリテーション学 〜グローバリゼーションでのセラピストのあり方〜』(東京開催)←セミナー詳細をクリック!!

・内容:骨盤帯の骨・筋・靭帯・動脈・神経の触診(仙骨・恥骨・坐骨・股関節・仙結節靭帯・腸骨筋・大腿筋膜張筋・梨状筋・スカルパ三角など)、触診上達のための考え方、解剖学的知識の確認、骨・靭帯・筋の触り分け方、感覚を磨くための鍛錬方法、ポジショニング・体の使い方
・日時:4/22(土)13:00〜17:00
・講師:岩田 研二先生(元青年海外協力隊 理学療法士)
・定員:25名 

4/22(土)
『国際リハビリテーション学 』
申し込みボタン

 

blog_botan1
blog_botan2
blog_botan3

 

触診セミナーテキスト 無料プレゼント

fullsizeoutput_26bc

過去に開催された「触診セミナー」のテキストを特別プレゼント!(このプレゼントは予告なく終了することがあります)
触診セミナーテキスト
無料プレゼントご希望の方はこちら

 

関連記事

  1. 頚部の伸長がなぜ足にまで伝わるのか?
  2. 触診が上達するための〝ちょっとした〟考え方
  3. 【運動連鎖】脊柱後彎が足部へ与える影響〜ウィンドラス機構の破綻と…
  4. 上腕二頭筋と上腕三頭筋の共同
  5. 姿勢評価は原因を探るもの
  6. 【機能解剖学】3分で理解する横隔膜の機能解剖と臨床アプローチ
  7. 触診には解剖学が大事!それだけ…?
  8. おろそかにしやすい運動学の基礎知識【張力-長さ曲線】を徹底解説!…

最近の記事

PAGE TOP