ブログ

体幹の可動域制限の原因はどこなのか?

体幹の〇〇、無視してない?

 

あなたは体幹の可動域制限の原因は何だと思いますか?

胸郭の可動域制限?
脊柱の可動域制限?
腹斜筋の短縮? 


様々な要因が考えられますが、その1つに腸の可動性の低下が挙げられます。

腸の可動性と言っても腸そのものの可動性というよりは腸間膜の伸長性・滑走性が重要になります。

腸間膜は空腸・回腸・虫垂・横行結腸・S状結腸を覆っています。

脂肪に富み、血管や神経・リンパ管・リンパ節・神経を含み、腸の栄養や働きに影響しています。

また、構造上は腹壁より垂れ下がっており、根元を腸間膜根といいます。

腸間膜根の柔軟性が低下すると腸間膜の伸長性も低下し腸同士の滑走性が低下します。

手術痕や腸の機能が低下した際も腸間膜の伸長性は低下します。

このように腸の滑走性が低下することで腹腔内の可動性が低下し体幹の可動域が低下することがあります。

腹腔内の臓器の柔軟性は体幹の可動性やアライメントに大きく関わってきます。

現在、体幹機能の重要性が言われていますが“体幹内にある臓器を無視しても良いのでしょうか?”

内臓という観点を持った上で治療を行うことで治療の幅が広がります。

 

《セミナー情報》

①『解剖学的重要ポイントと筋膜連鎖〜四肢における解剖学的重要ポイントの考え方、評価・治療〜』←セミナー詳細をクリック!!

・内容:解剖学の勉強方法と頚部・胸郭における解剖学的重要ポイントを学ぶ。筋膜の特徴を知り局所と全体を捉える。全身評価、局所評価、神経・血管の走行ポイント、関節・筋・靭帯・自律神経・胸膜へのアプローチを学ぶ。
・日時:1/22(日)10:00〜16:00
・講師:佐々木 隆紘先生(東馬込しば整形外科 理学療法士)
・定員:32名

1/22(日)
『解剖学的重要ポイントと筋膜連鎖 』
申し込みボタン

 

②『スポーツ理論から学ぶ局所から全体へ -全体の連動性を評価して運動療法に繋げる-』←セミナー詳細をクリック!!

・日時:1/29(日)10:00〜16:00
・講師:平 純一郎(アスリートRIOS副代表、まつど西口整形クリニックリハビリテーション室 室長)
・定員:30名 ※学生はお得な学割料金あり!

1/29(日)
『局所から全体へ-全体の連動性を評価して運動療法に繋げる-』
申し込みボタン

 

blog_botan1
blog_botan2
blog_botan3

 

触診セミナーテキスト 無料プレゼント

fullsizeoutput_26bc

過去に開催された「触診セミナー」のテキストを特別プレゼント!(このプレゼントは予告なく終了することがあります)
触診セミナーテキスト
無料プレゼントご希望の方はこちら

 

関連記事

  1. 触診って“皮膚”にしか触れてない?
  2. 筋力訓練を続けたら、どんどん動けなくなってしまいました
  3. 【ADL指導】立ち上がり動作に必要な身体機能を理解しよう。
  4. 頚部の伸長がなぜ足にまで伝わるのか?
  5. 骨盤アプローチのコツは『妄想力』!?
  6. 姿勢を評価する上で欠かせない筋による抑制機能
  7. 感覚受容器から触診を考える
  8. バイオメカニクスの要素を治療展開に活かす

最近の記事

PAGE TOP