ブログ

姿勢制御の目的

「目的運動性」と「支持運動性」

unnamed

 

姿勢制御は自動化された機能であるため、本人はバランスを取ることに対して自覚はありません。

この自動化された姿勢制御は、意図した動きに対しても絶えず働き平衡を保っています。

そのため、この意図した動きは平衡機能とは関係がなく、姿勢制御とは別とも言われています。

意図した動きには目的が付与されており、その動きを目的運動性と称します。

それを支える身体部位の活動を支持運動性と称します。

意図した動きを遂行するためには、運動を開始する前の独自的な姿勢を定位させることが必要です。

その独自的な姿勢を定位させるためには主動作筋に対して少しの代償動作が必要と言われています。

臨床では、この目的運動性あるいは支持運動性のどちらの運動性に対して介入すれば良いか考えなければなりません。

安易に身体のある部位が硬いからと緩めるようなことを行うと、身体代償の助長、あるいは痛みの増幅に繋がり兼ねません。

介入するときは観察や触診により評価していくことが求められます。

 

《セミナー情報》

①『解剖学的重要ポイントと筋膜連鎖〜四肢における解剖学的重要ポイントの考え方、評価・治療〜』←セミナー詳細をクリック!!

・内容:解剖学の勉強方法と頚部・胸郭における解剖学的重要ポイントを学ぶ。筋膜の特徴を知り局所と全体を捉える。全身評価、局所評価、神経・血管の走行ポイント、関節・筋・靭帯・自律神経・胸膜へのアプローチを学ぶ。
・日時:1/22(日)10:00〜16:00
・講師:佐々木 隆紘先生(東馬込しば整形外科 理学療法士)
・定員:32名

1/22(日)
『解剖学的重要ポイントと筋膜連鎖 』
申し込みボタン

 

②『スポーツ理論から学ぶ局所から全体へ -全体の連動性を評価して運動療法に繋げる-』←セミナー詳細をクリック!!

・日時:1/29(日)10:00〜16:00
・講師:平 純一郎(アスリートRIOS副代表、まつど西口整形クリニックリハビリテーション室 室長)
・定員:30名 ※学生はお得な学割料金あり!

1/29(日)
『局所から全体へ-全体の連動性を評価して運動療法に繋げる-』
申し込みボタン

 

blog_botan1
blog_botan2
blog_botan3

 

触診セミナーテキスト 無料プレゼント

fullsizeoutput_26bc

過去に開催された「触診セミナー」のテキストを特別プレゼント!(このプレゼントは予告なく終了することがあります)
触診セミナーテキスト
無料プレゼントご希望の方はこちら

 

関連記事

  1. 触診が上達するための〝ちょっとした〟考え方
  2. 姿勢から見えるもの
  3. 上腕二頭筋と上腕三頭筋の共同
  4. 仙腸関節の運動学をイラスト付きでサクッと学ぶ。
  5. 腸骨の前傾による身体の変化
  6. 仮説の証明
  7. 臨床で頻度が多い3つの運動療法と徒手療法
  8. 骨盤アプローチのコツは『妄想力』!?

最近の記事

PAGE TOP