ブログ

触診できなきゃ話にならない。トレンデレンブルグ兆候の評価にも触診技術が必要です。

歩行の評価にも触診技術は必須

トレンデレンブルグ歩行とはloading response(LR)~mid stanse(MSt)において遊脚側の骨盤が下制、立脚側へ偏位する歩行の現象のことを指します。

トレンデレンブルグ歩行は臨床において、しばしば観察される歩行です。では、この歩行の評価をどのように展開していけばよいでしょうか?

まず、動作中の異常(異常歩行や疼痛など)が生じている場合は、そのphaseで静的な評価が必要です。トレンデレンブルグ歩行の場合はMStで確認する必要があるため、片脚立位の評価をしなければなりません。

片脚立位での問題点が解決すれば、基本的にはトレンデレンブルグ歩行も改善しているはずです。

次にアライメントを確認します。

頸部、肩甲骨、肩甲帯、胸郭、脊柱、骨盤、股関節、膝関節、足関節のアライメント・左右差は最低限観察する必要があり、アライメントを正中位に戻すとトレンデレンブルグが改善するのか、悪化するのかを確認します。

トレンデレンブルグが改善する場合→アライメント異常が原因→アライメント異常の原因を評価
トレンデレンブルグが悪化する場合→アライメント以外の問題点→別の問題点を評価

という流れになります。アライメント異常が原因の場合は各部位を修正し、よりトレンデレンブルグが改善する部位を見つけます。

別の問題点を評価する場合、基本的には可動域・筋力・感覚を評価します。これらは立位のままスクリーニングで評価することができます。

可動域:骨または皮膚を把持し誘導したい方向(屈曲・伸展、内転・外転、内旋・外旋)へ操作する。
筋力:促通したい筋に断続的に刺激を与える。
感覚:促通したい部位の皮膚に擦刺激を与える。

誘導・促通後に症状が改善するような反応が見られた刺激が問題点となります。

ここでは骨・筋・皮膚などの狙った組織にコンタクトし、正確に操作できるかどうかが重要になります。各組織の触感を知り、意識をそこに向けることで正確に操作することができるようになります。つまり、触診の技術が不可欠なのです。

 

今回の記事の内容についてもっと深く学びたい方はこちらのセミナーがオススメ!


『触診上達理論〜触診スキルアップの考え方〜』(東京開催)←セミナー詳細をクリック!!

・内容:骨盤帯の骨・筋・靭帯・動脈・神経の触診(仙骨・恥骨・坐骨・股関節・仙結節靭帯・腸骨筋・大腿筋膜張筋・梨状筋・スカルパ三角など)、触診上達のための考え方、解剖学的知識の確認、骨・靭帯・筋の触り分け方、感覚を磨くための鍛錬方法、ポジショニング・体の使い方
・日時:4/9(日)10:00〜16:00
・講師:押川 武将先生(東馬込しば整形外科 理学療法士)
・定員:25名

4/9(日)
『触診上達理論~触診スキルアップの考え方~』
申し込みボタン

 

blog_botan1
blog_botan2
blog_botan3

 

触診セミナーテキスト 無料プレゼント

fullsizeoutput_26bc

過去に開催された「触診セミナー」のテキストを特別プレゼント!(このプレゼントは予告なく終了することがあります)
触診セミナーテキスト
無料プレゼントご希望の方はこちら

 

関連記事

  1. 評価の技術が治療にも繋がってしまう?!評価の正確性に重要な触診と…
  2. 【運動学】脊椎の運動学を確認しよう!〜基礎から臨床まで〜
  3. 大腰筋の機能解剖学
  4. 正常動作を知ることでわかること
  5. 感覚と運動の乖離と疼痛
  6. 肩甲帯に対する運動療法の重要ポイント
  7. 脳血管障害における姿勢・動作の再構築と運動療法
  8. 歩行する上で重要な骨盤の回旋運動

最近の記事

PAGE TOP