ブログ

【評価】もう一度確認しておきたい!姿勢評価に必要な「質量中心」の捉えかた

臨床で質量中心を捉える方法

臨床においてまず対象者の姿勢を捉えることから評価が始まるという流れが多いかと思います。

今回は、姿勢の評価を行うときに必須な基礎知識の「質量中心」について臨床的な捉え方をお伝えします。

地球上にいる限りヒトは「重力」を受けて生活しなければなりません。

その重力に適応しながら生きています

姿勢制御には、
【前庭系】
【視覚系】
【体性感覚系】

以上、3つが関与しているといわれています。

これら3つの受容器からの感覚情報が脊髄、または脳を介してそれぞれの筋紡錘へと刺激を送られることで、動作という身体反応が得られています。

その際に、重要な筋として捉えなければいけないのは「抗重力筋」の存在です。

脊柱起立筋、腹直筋、大臀筋、大腿直筋、ハムストリングス、下腿三頭筋、前脛骨筋など。

ankle strategyやhip strategyの機能に必要な筋群です。

身体重心の位置によって緊張の度合いは異なり、微妙な姿勢のずれへの変化も可能です。

これらの筋以外にも姿勢の崩れによりストレスが生じます。

なぜストレスが生じるかというと、身体重心のズレを修正するよう身体は自然と働くからなんです。

ここがポイントで、逆を言えば身体重心を捉えられれば機能的な障害の予測がつきます。

静的な姿勢の状態は、必ず動作にも影響します。

対象者と対面したとき、問診を始める時などに意識して観察してみましょう。

まず座位でもいいです。立位でもいいです。

臥床していなくてもベッドに寝ていれば背臥位でも姿勢は観察できます。

まず偏りがないか見てみてください。

そして前額面、矢状面、水平面から左右差を見てみましょう。

左右差の歪みがあれば、必ずといっていいほど重心のずれは存在します。

静的な左右差、偏りを見つける姿勢評価は健常者や友達同士でも十分できます。

まずは身近な人に協力してもらい練習してみることをおすすめします。

まずはやってみる。そして継続することが大切です。

さらにもっと深く学びたい方はこちらのセミナーがオススメ!


『歩行障害から紐解く運動療法の展開〜デモで深く学ぶ〜』←セミナー詳細をクリック!!

・日時:8/20(日)10:00〜16:00
・講師:中村 祐太先生(東馬込しば整形外科 理学療法士)
・定員:25名
・内容:促通の基礎、運動療法処方、下肢機能障害への応用、立位〜歩行障害への応用etc…

8/20(日)
『歩行障害から紐解く運動療法の展開』
申し込みボタン

 

blog_botan1
blog_botan2
blog_botan3

 

触診セミナーテキスト 無料プレゼント

fullsizeoutput_26bc

過去に開催された「触診セミナー」のテキストを特別プレゼント!(このプレゼントは予告なく終了することがあります)
触診セミナーテキスト
無料プレゼントご希望の方はこちら

 

関連記事

  1. 侵害刺激への対応
  2. 臨床の学校って何?
  3. 観察ができるセラピストの強み
  4. 腰痛リハの基礎知識!腰痛評価のアルゴリズムとは?
  5. 整形外科的なマルアライメントから考える猫背のデメリット
  6. 歩行に変化を出すには
  7. 「トレンデレンブルグ歩行=中臀筋筋力低下」はやめましょう。
  8. 触診を練習する前にまず見るべし!骨盤帯を構成するものって?

最近の記事

PAGE TOP