ブログ

間違った触診が引き起こしてしまうリスク

知識があいまいの状態でやっている触診の怖さ

突然ですが皆さん、「頸椎の横突起」を触診してみてください。

触診できましたでしょうか?少し難しい箇所だと思いますが、触診できた方は続きをお読みください。

近年、触診などを含めた手技による医療類似行為に関する相談件数が、平成24年度にはおよそ1265件に上りました。

これは無資格者による施術の結果、骨折などを起こす人が多いです。解剖学的な知識を持たない人の触診や徒手的な治療は危険を伴います。

では、資格を持った私たちセラピストは絶対にこのようなことがないと言えるのでしょうか?

解剖学的な知識はあっても、触診にはコツが必要です。皆さんは先ほど頸椎の横突起をどれくらいの強さで触診しましたか?

しっかりと横突起の感触は掴めましたか?実は頸椎の横突起は深層に位置しているものの、それほど圧をかけなくても触れることができます。

そのためには相手と同調し、組織にゆるしてもらえる触れ方が必要です。触れ方にはいくつもコツがあるのです。

ただ位置を把握して触れるだけでなく、触れ方のコツを学ぶことが非常に大切です。リスクの軽減はもちろん、患者さんの状態把握、治療の精度を高めるには触診能力を高めることが必須です。

触診能力を高めたい新人セラピストは下記セミナーの詳細をぜひご参照ください。

参考文献



さらに深く学びたい方はこちらのセミナーがおすすめ!

肩の触診セミナー
『触診上達理論〜触診スキルアップの考え方〜』【肩関節編】←セミナー詳細をクリック!!

・内容:肩関節の骨・筋・靭帯・動脈の触診(肩甲骨・上腕骨・肩鎖関節・胸鎖関節・烏口鎖骨靭帯・回旋筋腱板・大円筋・小胸筋など)、問診のコツ、解剖学的知識の確認、骨、靭帯、筋の触り分け方etc…
・日時:7/2(日)10:00〜16:00
・講師:押川 武将先生(東馬込しば整形外科 理学療法士)
・定員:25名

7/2(日)
『触診上達理論~触診スキルアップの考え方~』
申し込みボタン

 

blog_botan1
blog_botan2
blog_botan3

 

触診セミナーテキスト 無料プレゼント

fullsizeoutput_26bc

過去に開催された「触診セミナー」のテキストを特別プレゼント!(このプレゼントは予告なく終了することがあります)
触診セミナーテキスト
無料プレゼントご希望の方はこちら

 

関連記事

  1. 【運動連鎖】歩行を勉強したい人向け。ロコモーターユニットとパッセ…
  2. 膝関節へのアプローチを極めるために
  3. 因果関係を考える
  4. 観察ができるセラピストの強み
  5. 「トレンデレンブルグ歩行=中臀筋筋力低下」はやめましょう。
  6. 【運動連鎖】脊柱後彎が足部へ与える影響〜ウィンドラス機構の破綻と…
  7. 徒手療法で効果を引き出すための触診技術とは?2つのポイント徹底解…
  8. 感覚受容器から触診を考える

最近の記事

PAGE TOP