ブログ

仙腸関節の運動学をイラスト付きでサクッと学ぶ。

仙腸関節の機能異常は腰痛の要因になりやすく、皆さんも触診することが多い部位だと思います。
仙腸関節もいわゆる関節なので可動性がありますが、はたしてどのぐらい動くのか、どの方向に動くのか、ここでおさらいしておきましょう。

仙腸関節の基礎運動学

仙腸関節は可動性がなく、安定性に適した関節です。

運動方向としては前額面、矢状面、水平面全てで動きます。

ここで簡単におさらいします。

安定性に適した関節ではあるものの様々な方向に動くことがわかったと思います。

ここからはその運動方向の一つ一つをくわしくみていきましょう。

仙骨の上下運動

足を上げたときなど、股関節を屈曲させる際に、仙骨の上下運動は出現します。

この上下運動は、仙骨が寛骨に対してどう動くのかがポイントです。

股関節を屈曲させた際、骨盤は後方回旋するのと同時に仙骨に対して挙上します。

また、仙骨の上下運動は別名で、

仙骨に対して寛骨の上への動き=アップスリップ
仙骨に対して寛骨の下への動き=ダウンスリップ

ともいわれてます。

仙骨の側屈回旋運動

仙骨が側屈回旋するというイメージはあまりないと思いますが、脊柱全体を回旋させたときに生じるカップリングモーションのことをいいます。

カップリングモーションとは脊椎を側屈させた時に脊柱が回旋するという現象です。

これは仙骨でも同様に起こります。

よく出てくる仙腸関節の動きをイラスト見ながら理解しよう

よく教科書や臨床で耳にするのは、

・骨盤のインフレア、アウトフレア
・ニューテーション、カウンターニューテーション

ではないかと思います。

それでは、この運動学についてみていきましょう。

骨盤のインフレア、アウトフレア

水平面から見て、仙骨に対して寛骨が内側に閉じて動いていくことをインフレアといい外側に開いて動いていくことをアウトフレアと言います。

ニューテーション、カウンターニューテーション

ニューテーションは仙骨の動きからうなずき運動とも言われ、仙骨がうなずく動きをした時のことを指します。

動きとしては仙骨が前傾、寛骨が後傾します。

カウンターニューテーションはその逆で起き上がり運動と言われています。

動きは仙骨が後傾、寛骨は前傾です。

いかがでしたでしょうか?

仙腸関節は腰痛の原因や治療ポイントとして注目されることが多いです。この機会にしっかりと機能解剖や運動学を把握しておきましょう。

参考文献


さらにもっと深く学びたい方はこちらのセミナーがオススメ!


『歩行障害から紐解く運動療法の展開〜デモで深く学ぶ〜』←セミナー詳細をクリック!!

・日時:8/20(日)10:00〜16:00
・講師:中村 祐太先生(東馬込しば整形外科 理学療法士)
・定員:25名
・内容:促通の基礎、運動療法処方、下肢機能障害への応用、立位〜歩行障害への応用etc…

8/20(日)
『歩行障害から紐解く運動療法の展開』
申し込みボタン

 

blog_botan1
blog_botan2
blog_botan3

 

触診セミナーテキスト 無料プレゼント

fullsizeoutput_26bc

過去に開催された「触診セミナー」のテキストを特別プレゼント!(このプレゼントは予告なく終了することがあります)
触診セミナーテキスト
無料プレゼントご希望の方はこちら

 

関連記事

  1. 寝返りを歩行に繋げるリハビリテーション
  2. 恥骨を評価すべき理由
  3. 触診が上達するための〝ちょっとした〟考え方
  4. 腰痛リハの基礎知識!腰痛評価のアルゴリズムとは?
  5. 肩関節の評価バイブルVol.1〜肩甲上腕関節編〜
  6. 【慢性疼痛】下肢痛に対するリハビリテーション
  7. 侵害刺激への対応
  8. ストレスで身体が硬くなるの?

最近の記事

PAGE TOP