ブログ

痛みが長引きやすい変形性膝関節症(膝OA)で代表的な2つの病態とは?!

膝疾患の病態は把握しづらい

変形性膝関節症(以下、膝OA)の術後の患者さんはクリニックや維持期の病院・施設で働いているとよくみかけますよね?

日本では60歳以上で女性の約40%、男性の約20%がレントゲン上で膝OAと診断されます。さらに、80歳代では女性で60%以上、男性でも50%近くの割合で膝OAと診断されます。

急性期においても、TKA後の患者さんを担当することが多いのではないでしょうか?膝関節は下肢の中間に位置する関節で股関節からも足関節からも(もちろん体幹からも)影響を受けます。

そのため、膝OAは病態が把握しづらく疼痛が長引きやすい疾患です。

膝OAの病態としては大きく分けて2つあります。

①筋による影響

1つ目は筋が伸長されることで出現する疼痛です。

歩行でのloading responseや階段降段、着座での疼痛を訴える膝OAの患者さんに多い病態です。

原因は様々ですが股関節の外旋制限や足部回内位によりknee inで動作を遂行する場合、内転制限や外転筋の筋力低下などで股関節内転位での荷重困難な場合に股関節外旋筋や内転筋に遠心性のストレスがかかることで付着部である鵞足に疼痛を生じます。

②圧ストレスによる影響

2つ目は半月板などの膝関節内の組織に圧縮ストレスがかかることで出現する疼痛です。

荷重時や歩行のMid stanceで疼痛を訴える膝OAの患者さんに多い病態です。

膝OAの特徴的な歩行でloading response〜Mid stanceの外側動揺がありますが、この現象は股関節回旋制限やスクリューホームムーブメントなどの破綻により逃すことができなかった膝回旋方向のストレスを外側動揺することで吸収しています。

この歩行により内側半月板や膝関節内の組織に圧縮ストレスがかかり疼痛が出現しています。

病態を見分けるポイントは疼痛を誘発する肢位と疼痛部位です。

問診によってどの動作で疼痛が出現するのかを聞き、触診で疼痛部位を特定することが重要になります。

特に触診は膝関節の解剖と触れた組織の感覚を知ることで、疼痛が出現している組織を特定することができます。

さらに深く学びたい方はこちらのセミナーがおすすめ!

触診セミナーの図
『触診上達理論〜触診スキルアップの考え方〜』【膝・足関節編】←セミナー詳細をクリック!!

・内容:膝、足関節の骨・筋・靭帯・動脈・神経の触診(足根骨・足底腱膜・三角靭帯・後脛骨筋・長母趾屈筋・伸筋支帯など)、患者さんと良い関係を築くための問診のコツ、骨、靭帯、筋の触り分け方、感覚を磨くための鍛錬方法、ポジショニングetc…
・日時:5/7(日)10:00〜16:00
・講師:押川 武将先生(東馬込しば整形外科 理学療法士)
・定員:25名

5/7(日)
『触診上達理論~触診スキルアップの考え方~』
申し込みボタン

 

blog_botan1
blog_botan2
blog_botan3

 

触診セミナーテキスト 無料プレゼント

fullsizeoutput_26bc

過去に開催された「触診セミナー」のテキストを特別プレゼント!(このプレゼントは予告なく終了することがあります)
触診セミナーテキスト
無料プレゼントご希望の方はこちら

 

関連記事

  1. 恥骨を評価すべき理由
  2. 触診には解剖学が大事!それだけ…?
  3. 歩行に変化を出すには
  4. 腸骨の前傾による身体の変化
  5. トレーニングすることが難しい大腰筋
  6. 【評価】セラピストが考える客観的要素と主観的要素の落とし穴
  7. インピンジメント症候群に対するアプローチ
  8. 股関節の体重支持機構と骨盤・脊柱との関係性

最近の記事

PAGE TOP