ブログ

肩関節の評価バイブルVol.1〜肩甲上腕関節編〜

肩関節の評価のすすめかた

肩関節は肩甲上腕関節(狭義の肩関節)、肩甲胸郭関節、第二肩関節、肩鎖関節、胸鎖関節で構成されています。

また、肩関節の運動には姿勢などの全身の状態が大きく関係してきます。

しかし、これらの部位を全て評価するには労力と時間がかかります。

そこで、評価をどこからどのように展開していけば良いかをまとめました。

評価する部位は2つ!

ズバリ!(狭義の)肩関節と肩甲骨です。

肩関節自動運動にて肩甲骨の動きを止めた(徒手的に安定性を補償した)際に可動域が向上するor動かしやすくなる場合は肩甲骨の問題、可動域が低下するor変化がない場合は(狭義の)肩関節の問題であることが多いです。

(狭義の)肩関節の評価は肩関節周囲の軟部組織の硬さを見ることになります。

疼痛部位、疼痛を誘発する動き、スペシャルテストを組み合わせて問題部位を抽出していきますが、まずはどこに肩関節の運動制限因子があるのかを探します。

他動運動で….
肩関節屈曲、外転、外旋(1st・3rd)、水平内転の抵抗感を確認します。

抵抗感の強い運動方向によって制限が予測される場所を
、

肩関節屈曲→後上方
外転→後下方
1st外旋→前方
3rd外旋・水平内転→後方

という具合に絞り込みます。

制限部位を絞ったら、その組織が何なのかを評価します。

硬さのある組織の深さ、触感、解剖学的な場所を元に推測できると良いと思います。

しかし、触感から組織を予測することで早く評価することができますが、ある程度の触診技術と知識が必要となります。


もっと簡単な方法としてはその部位にあると思われる筋の収縮を促して肩の可動域や上述した運動の抵抗感が変化するかどうかを見ます。

筋収縮で変化があれば筋、それ以外であれば関節包や靭帯と考えます。

このように他動運動により制限因子の部位を絞り込みその制限因子がどの組織なのかを各組織の特徴を踏まえて確認することで治療部位の特定をすることができます。

肩甲胸郭関節の評価方法についてこちらの記事をごらんくださいね

さらに深く学びたい方はこちらのセミナーがおすすめ!

体幹の触診の図
『触診上達理論〜触診スキルアップの考え方〜』【体幹編】←セミナー詳細をクリック!!

・内容:脊柱・体幹筋・靭帯・動脈・内臓の触診(頚椎・腰椎・肋椎関節・大腰筋・横隔膜・棘上靭帯・肋軟骨・肝臓など)、深い組織を触れるための意識の仕方、解剖学的知識の確認、解剖学的知識の確認、骨、靭帯、筋の触り分け方etc…
・日時:8/6(日)10:00〜16:00
・講師:押川 武将先生(東馬込しば整形外科 理学療法士)
・定員:25名

8/6(日)
『触診上達理論~触診スキルアップの考え方~』
申し込みボタン

応用の触診の図
『触診上達理論〜触診スキルアップの考え方〜』【応用編】←セミナー詳細をクリック!!

・内容:評価の構造、筋膜の特徴、触診技術を応用した(筋膜など)評価・治療、骨・靭帯・筋の触り分け方etc…
・日時:9/3(日)10:00〜16:00
・講師:押川 武将先生(東馬込しば整形外科 理学療法士)
・定員:25名

9/3(日)
『触診上達理論~触診スキルアップの考え方~』
申し込みボタン

 

blog_botan1
blog_botan2
blog_botan3

 

触診セミナーテキスト 無料プレゼント

fullsizeoutput_26bc

過去に開催された「触診セミナー」のテキストを特別プレゼント!(このプレゼントは予告なく終了することがあります)
触診セミナーテキスト
無料プレゼントご希望の方はこちら

 

関連記事

  1. 肩甲帯に対する運動療法の重要ポイント
  2. 頚部の伸長がなぜ足にまで伝わるのか?
  3. バイオメカニクスの要素を治療展開に活かす
  4. 筋膜セーターコンセプト
  5. 体幹の可動域制限の原因はどこなのか?
  6. 侵害刺激への対応
  7. どうすれば上手くなる?新人療法士がまず学ぶべき触診のテクニック
  8. 【国際リハ】ある日突然、日本人以外の患者さんのリハビリを担当した…

最近の記事

PAGE TOP