ブログ

歩行の臨床バイブルVol.2〜中枢疾患に特有な異常歩行〜

みなさまこんにちは。
リン・太郎先生です。

前回は整形疾患に多い異常歩行をまとめましたが、今回は中枢系に多い異常歩行について学びます。

見逃した方はぜひ前回の記事も見ておいてくださいね!

さあ、今回も情報量が多いので代表的なものからサクッと学んでいきましょう!!

中枢系の障害による機能低下と歩行の関係

中枢系は具体的に言うと脳や脊髄のことを示し、司っている神経は運動神経、感覚神経、自律神経があります。

運動神経は筋骨格系に、感覚神経は感覚フィードバックなどに関わるため体を動かすのに大切な役割をしています。

どこの中枢神経が悪い影響を起こしているかによって変わってきます。

今回は代表的な歩行を中心に「4つの歩行」について着目していくよー!!

中枢系に多い異常歩行とは

まずは中枢系の障害といえば、脳卒中ですね。

脳卒中で多い痙性歩行を学んでいきましょう。

痙性歩行とは、体を痙性させた状態で歩くことですが、まずは簡単に痙性について説明します。

痙性とは相動性伸張反射が病的に亢進した状態だといわれています。

相動性伸張反射は簡単に言うと肩外転90°位から力を抜いて下ろしたとき、途中で止めようとすると三角筋が収縮すると言う反射のことをいいます。

つまり、身体を動かしたときに勝手に筋緊張が入ってしまう状態のことです。

歩行は様々ありますが、いくつか紹介!!

よく見られるのは股関節を外転させて下肢をぶん回す歩行「ぶん回し歩行」などが見られます。

この歩行はBrunnstrom stageでいうと3や4レベルでよく見られると思います。

5や6レベルまで回復すると正常歩行に近づいていきますよね。

続いても脳卒中に多い失調歩行です。

失調とは小脳の障害によって起こる障害のことで、協調運動がうまくできないことを言います。

小脳失調の障害としては以下のものがあります。

小脳も部位によって、様々な機能を持っています。そんな小脳が障害されると多い歩行は酔っ払いのような歩行をイメージしてもらうといいかもしれません。

体幹の動揺が見られたり、両足を開いて不安定に歩行を行います。

また間違えやすい歩行として踵を打ちながら歩く、踵打歩行もありますが、これは深部感覚障害によって起こる歩行なのでまた別の種類です。

パーキンソン病に特有な歩行

最後はパーキンソン歩行です。

パーキンソンとは1900年代にパーキンソンっていう人が報告したからついた名前で体がスムーズに動かなくなる疾患です。

4大徴候として、これらの症状がとても有名です。

・安静時振戦
・無動
・姿勢反射障害
・固縮

また、歩行障害においても特徴的なものがあるのでしっかりと確認しておきましょう。

大脳基底核にある黒質というドパミンを出すところがあります。そこが壊れると運動のブレーキをかける司令室(線条体)が命令をかけることができなくなるので運動がうまく制御できなくなってブレーキをかけすぎてしまうのがメカニズムです。

なので、うまく動かせないからすくみ足などの症状に現れます。

いかがでしたか?
あくまでこれは代表的なものでまだまだあります。

歩行から読み取れることは多いです。準備が大切なので知識を深めて臨床で活用してくださいね!!

参考文献


さらにもっと深く学びたい方はこちらのセミナーがオススメ!


『歩行障害から紐解く運動療法の展開〜デモで深く学ぶ〜』←セミナー詳細をクリック!!

・日時:8/20(日)10:00〜16:00
・講師:中村 祐太先生(東馬込しば整形外科 理学療法士)
・定員:25名
・内容:促通の基礎、運動療法処方、下肢機能障害への応用、立位〜歩行障害への応用etc…

8/20(日)
『歩行障害から紐解く運動療法の展開』
申し込みボタン


『起居動作から展開する運動療法の考え方〜デモで深く学ぶ〜』←セミナー詳細をクリック!!

・日時:9/10(日)10:00〜16:00
・講師:中村 祐太先生(東馬込しば整形外科 理学療法士)
・定員:25名
・内容:促通の基礎、運動療法処方、下肢機能障害への応用、起居〜座位障害への応用etc…

9/10(日)
『起居動作から展開する運動療法の考え方』
申し込みボタン

 

blog_botan1
blog_botan2
blog_botan3

 

触診セミナーテキスト 無料プレゼント

fullsizeoutput_26bc

過去に開催された「触診セミナー」のテキストを特別プレゼント!(このプレゼントは予告なく終了することがあります)
触診セミナーテキスト
無料プレゼントご希望の方はこちら

 

関連記事

  1. 仮説の証明
  2. 筋力訓練を続けたら、どんどん動けなくなってしまいました
  3. 【脳卒中リハ】脳血管障害を捉える上で注意すべき”運動…
  4. 腰椎の側屈と回旋の関係
  5. 下行疼痛抑制系を機能させる
  6. 感覚と運動の乖離と疼痛
  7. 【ADL指導】立ち上がり動作に必要な身体機能を理解しよう。
  8. 肩関節の評価バイブルVol.1〜肩甲上腕関節編〜

最近の記事

PAGE TOP