ブログ

腰痛リハの基礎知識!腰痛評価のアルゴリズムとは?


臨床の学校の最新情報が届く!
臨床のことを相談できる!
↓↓【臨床の学校LINE@】はこちらから
友だち追加

現代の日本でも大きな問題になっている腰痛。障害発生率は50〜80%で非常に多くの人がなる可能性がある疾患です。

そのほとんどが原因は明確ではない腰痛で、これを非特異的腰痛と言います。約全体の85%を占めています。

それとは逆に腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアなど診断名がついたものを特異的腰痛と言います。

この原因が明らかではない非特異的腰痛について簡単におさらいしていきます!

腰痛に対するリハビリテーションを行うために必要なこと

リハビリを行うのに必要なのはズバリ、評価ですね。まあ当たり前かもしれないですが、大切です。どんな評価を行えばいいのかざっと図で表します。

この図でもあるように、問診は重要です。いつどこで何が痛いのか、神経症状はないのかなどを聞くことが大切になってきます。

また質問の内容で痛いと訴えていたが実は痺れていることを痛いと訴えていたなんてことはよくあります。

非特異的腰痛の場合、心理社会的因子で慢性的に痛みを起こしていることもあるので、仕事や生活を問診で読み取ることも大切です。

またここで見逃してはいけないのが、原疾患がある腰痛です。場合によってはガンによる痛みなんてこともあります。

内科的疾患や骨折の場合、多くは何もしなくても痛かったりするので、その場合は血液検査や画像診断を行い、評価していきましょう。

治療で効果があるのは一体何か!?

腰痛に対しての治療は様々なアプローチがあるかと思います。主なものを図でまとめてみました。

急性腰痛(ぎっくり腰)の場合、安静にした方が良さそうですが、絶対安静よりも痛みのない範囲で活動した方が経過はいいことが報告されています。

物理療法では電気治療や牽引などもありますが必ずいい効果を出す訳ではないそうです。

評価をしっかりした上でどんな治療がその方にとって適切なのか、考えて治療したり、治療方針について主治医に相談したりすることが大切です。

参考文献


さらにもっと深く学びたい方はこちらのセミナーがオススメ!

慢性疼痛のセミナー
『非特異的腰痛に対するリハビリテーション』←セミナー詳細をクリック!!

・日時:8/27(日)10:00〜16:00
・講師:山口 亮先生(西鶴間メディカルクリニック リハビリテーション科 理学療法士)
・定員:25名
・内容:痛みの学術的知識(痛みとは、生理学的機構、急性痛と慢性痛、痛みのコントロールと悪循環、痛みと教育、疼痛行動など)、痛みを有する脊柱疾患について、体幹機能評価、姿勢・動作評価、運動療法、症例提示etc…

8/27(日)
『非特異的腰痛に対するリハビリテーション』
申し込みボタン

頸部の慢性疼痛セミナー
『頸肩腕症候群に対するリハビリテーション』←セミナー詳細をクリック!!

・日時:9/24(日)10:00〜16:00
・講師:山口 亮先生(西鶴間メディカルクリニック リハビリテーション科 理学療法士)
・定員:25名
・内容:痛みの学術的知識(痛みとは、生理学的機構、急性痛と慢性痛、痛みのコントロールと悪循環、痛みと教育、疼痛行動など)、痛みを有する頸部・上肢疾患について、頸部・上肢機能評価、姿勢・動作評価、運動療法、症例提示etc…

9/24(日)
『頸肩腕症候群に対するリハビリテーション』
申し込みボタン

 

blog_botan1
blog_botan2
blog_botan3

 

触診セミナーテキスト 無料プレゼント

fullsizeoutput_26bc

過去に開催された「触診セミナー」のテキストを特別プレゼント!(このプレゼントは予告なく終了することがあります)
触診セミナーテキスト
無料プレゼントご希望の方はこちら

 

関連記事

  1. 【機能解剖学】3分で理解する横隔膜の機能解剖と臨床アプローチ
  2. 触診を練習する前にまず見るべし!骨盤帯を構成するものって?
  3. 【肩・肘関節】上肢の機能不全が歩行に与える影響
  4. 評価の技術が治療にも繋がってしまう?!評価の正確性に重要な触診と…
  5. 上肢のつながり
  6. 頸肩腕症候群(けいけんわんしょうこうぐん)って知ってる?
  7. 触診って“皮膚”にしか触れてない?
  8. 因果関係を考える

最近の記事

PAGE TOP