ブログ

高血圧の病態生理と運動について


臨床の学校の最新情報が届く!
臨床のことを相談できる!
↓↓【臨床の学校LINE@】ぜひ友達追加してね!
友だち追加

「高血圧」

この言葉は誰でも知っている言葉ではないでしょうか。

医療従事者なら関わったことがない人はほとんどいないかと思います。

今日はそんな当たり前のようにある高血圧についておさらいしていきたいと思います。

高血圧で知っておきたいこと

高血圧者数は4300万人いると言われています。

また日本人は塩分の取りすぎでなる方が多く、食生活や運動などさまざまな対策がとられています。

遺伝や肥満、飲酒、喫煙、運動しない、塩分の取りすぎなど理由はたくさんあります。

高血圧の分類も1度から3度まであるので図で確認しておきましょう。

高血圧の状態が高くなれば心筋梗塞、心不全、脳卒中、慢性心不全などさまざまな疾患が出現します。

知っているかと思いますが、高齢者は血圧が高くなります。

加齢に伴う心筋梗塞や神経系、体液性の血圧の調整機構が障害されることにより高血圧になります。

大動脈には心臓から出た血液を一時的に蓄えて拡張期に抹消に送る機能があります。

これをWindkessel機能といいます。

動脈は加齢とともに血管の伸張性が低下するため、Windkessel機能も低下します。

つまり、心臓から出た血液を一時的に蓄えることができません。

それでも心臓は血液を出そうとするので血管にかかる圧は高くなります。

これで収縮期血圧が上昇します。拡張期血圧も同様で大動脈に血液を蓄えることができません。

そのため抹消への血液量が少なくなります。これで拡張期血圧が減少します。

高血圧の患者を持ったら、、、

高血圧が既往である方を見たことがないというリハビリのスタッフは少ないかと思います。

リハビリをする上で気をつけるべきポイントは高負荷による血圧上昇が続くことです。

高血圧の方はそうでない方より運動中の血圧上昇が顕著であり、予後が悪いという報告もあります。

また180以上/110以下mmHgの血圧の方は運動療法を推奨していないので降圧剤を使用し、血圧が下がった状態で運動を行いましょう。

運動は有酸素運動の降圧効果が確立しています。

10分以上合計30分の運動を行うようにしていきましょう。

参考文献


blog_botan1
blog_botan2
blog_botan3

 

触診セミナーテキスト 無料プレゼント

fullsizeoutput_26bc

過去に開催された「触診セミナー」のテキストを特別プレゼント!(このプレゼントは予告なく終了することがあります)
触診セミナーテキスト
無料プレゼントご希望の方はこちら

【臨床の学校LINE@】
友だち追加

関連記事

  1. 足部・足関節の機能評価と歩行への治療戦略
  2. 【脳卒中リハ】脳血管障害を捉える上で注意すべき”運動…
  3. 座学だけの勉強会と実技のある勉強会
  4. 膝関節へのアプローチを極めるために
  5. 感覚受容器から触診を考える
  6. 触診が上達するための〝ちょっとした〟考え方
  7. 肩関節の評価バイブルVol.2〜肩甲骨編〜
  8. 特に気をつけたい頸部治療時の注意点とは?

最近の記事

PAGE TOP