ブログ

脳血管

【脳卒中リハ】脳血管障害を捉える上で注意すべき”運動の悪循環”とは?

運動を多様化させることが重要脳梗塞などで神経系が変化すると、代償的な戦略が構築されてしまい、ある部位の関節機能や筋機…

運動の再学習を促せる療法士の強み

フィードフォワード機構を考える脳血管疾患の方をリハビリする中で考えなければならないことは運動の再学習です。…

大脳基底核と運動制御の関係

ヒトの身体では、座位や立位、歩行など様々な場面で運動制御が起こっています。また、運動を実施する数m秒前にも姿勢制…

寝返りを歩行に繋げるリハビリテーション

脳卒中の方のリハビリテーションで重要となってくる運動療法。一度、障害を起こした脳への再学習には徒手療法も大切です…

脳血管疾患の歩行練習で考えなければいけないコト

脳器質に病変が生じた場合、離床可能の有無に限らず、ベッドサイドよりリハビリを進めていくことになります。その中で離…

脳血管障害における姿勢・動作の再構築と運動療法

非麻痺側の機能低下?脳器質に障害が生じた後、リハビリテーションが開始された時に、その方の機能…

歩行する上で重要な骨盤の回旋運動

効率的な歩行とは一般的に、「楽に歩ける」「長距離を歩ける」ことを"効率的な歩行"といいます。その効率的な歩行…

最近の記事

PAGE TOP