ブログ

整形外科

頚椎の機能解剖学とカップリングモーションについて

臨床の学校の最新情報が届く!臨床のことを相談できる!↓↓【臨床の学校LINE@】ぜひ友達追加してね!…

触診には解剖学が大事!それだけ…?

まずは実際に触診してみよう「大腿直筋、上腕二頭筋、広背筋」みなさんもう何回も聞いたことがある有名な筋肉です。…

徒手療法で効果を引き出すための触診技術とは?2つのポイント徹底解説!

なぜセラピストによって効果に差が出るの?徒手療法には筋膜リリースや関節モビライゼーション、内臓マニピュレーションなど…

【肩関節】機能的な肩関節に必要な「肩甲骨」と「脊柱」の関係

肩関節障害のみかた肩関節に障害を持ったクライアントに対して治療を行うとき、あなたならまずどのような評価を選択しますか…

インピンジメント症候群に対するアプローチ

動作をみてアプローチを選定する肩関節疾患で非常に多く臨床で遭遇する病態として「インピンジメン…

肩甲上腕リズムの破綻はなぜ起こるのか

原因の一つは「〇〇筋」の短縮上肢挙上時における上腕骨と肩甲骨の連動した動きは、円滑な挙上動作…

「筋膜」の硬さが身体機能に与える影響

まずは筋膜を整えることが大事筋肉の硬さや関節の硬さなどはセラピストが臨床で問題視する現象です。そして近年注目を浴…

内臓も可動域制限の要因となる

内臓の要因も重要である臨床では可動域制限に対してアプローチを行うことは多いと思います。…

筋膜リリースの効果

タッチ技術が必要不可欠筋組織には筋紡錘やゴルジ腱器官などの受容器から求心性ニューロンが存在し…

感覚と運動の乖離と疼痛

感覚の乖離と痛み運動を行う際、運動前野で作られた運動プログラムは一次運動野に送られて脊髄下降…

さらに記事を表示する

最近の記事

PAGE TOP