TKA術後プロトコルに沿った運動療法の展開〜術後管理から回復期・在宅環境調整・退院指導まで〜

TKA術後プロトコルに沿った運動療法の展開〜術後管理から回復期・在宅環境調整・退院指導まで〜

〜TKA術後プロトコルの基礎から臨床応用〜

若手セラピストにとって、人工膝関節形成術(以下、TKA)のリハビリテーションはまず担当する疾患ではないでしょうか。
その際、理学療法診療ガイドラインや施設ごとのプロトコルに沿ってリハビリテーションを進めていくと思いますが、患者個人の身体特性を理解しながら適切な運動療法を選択するのは、経験の浅いセラピストにとっては困難でルーティーンとなりやすいです。
さらに、TKAの患者さんは高齢者が多く、退行性の変性疾患でもあることから長年のメカニカルストレスによる脊柱、各関節の変形など、形態的な特徴も考慮しなければなりません。
今回は膝関節における構造上の特徴をふまえて、TKA術後の介入から適切な運動療法の選択、退院時の環境調整〜ホームエクササイズ指導、在宅復帰までの一連の流れをわかりやすく解説し、実技を含めて練習していきます。

講義内容

・変形性膝関節症ガイドライン、プロトコルの紹介
・術式、術後管理の理解(腫脹・浮腫など)
・膝関節の解剖学・機能解剖学・運動学
・膝周囲組織の触診
・プロトコルに沿ったリハ介入(ROM制限、筋力強化)
・身体特性、リハ目標に沿った運動療法メニューの提供
・ADL動作の指導と注意点
・特徴的な歩様の理解と歩行訓練のコツ(荷重量、歩行周期、介助方法)
・在宅環境の調整
・ホームエクササイズの指導
・介護保険分野へのスムーズな引き継ぎで必要なこと  etc…

申し込みボタン


日時 料金 講師 会場 定員
平成29年10月28日(土)14:00-17:00 5,400円
(税込)
舟越智之
(臨床の学校 講師)
エバーウォーク東向島店

(東武スカイツリーライン『東向島駅』より徒歩約8分)

10名

申し込みボタン

PAGE TOP