【スポーツセミナー】頸椎症・頸椎ヘルニアに対する機能的評価とアプローチ

【スポーツセミナー】頸椎症・頸椎ヘルニアに対する機能的評価とアプローチ

頚椎への局所的理解と全体への関係性の把握
 頚部は脊柱の中でも可動域が大きく、上部頸椎と下部頸椎では機能が異なり複雑に関係し合っています。また、頚部周囲には神経や血管も多いため頸部におけるメカニカルストレスの増大により様々な症状がみられます。
そのため、頸部の機能解剖、頚部のメカニカルストレスの理解とそれにもとづく評価・アプローチが重要になります。
そして、実際の臨床では頸部のみのアプローチでは症状が改善しきれない、またはその場では改善してもまた症状が戻るケースもあります。
頚部が今どのような状態になっているのかという局所の理解とその根本原因となる体幹や上肢との連動をみる全体の関係性を理解することが重要です。
頚部の局所的な機能解剖をもとにした評価とアプローチ、頚部と体幹・上肢の関係性について、実技を中心にお伝えしていきます。

講義内容

① 頚椎椎間板ヘルニア、頸椎症の病態理解
② 上部頚椎と下部頚椎の機能解剖
③ 頚部のCoupling motionから考えるメカニカルストレスの理解
④ 頚部の機能解剖評価
⑤ 頚部・体幹・上肢の連動性評価
⑥ 頚部周囲組織の触診・アプローチ

※講義内容は変更する可能性があります。

申し込みボタン


講師:河野 裕也先生

サッカーを中心にスポーツにおける身体の動きの分析に長け、痛みのコントロールや効率的な身体の動きを誘導するインソールの作製経験も豊富。
頚部の解剖、運動学の知識が豊富にあり、講師を務める頚部のプレセミナーの内容は丁寧でわかりやすいと非常に評判である。

<肩書き>
RIOS南関東チーフ兼企画責任者
RIOSサッカー専門トレーナー
理学療法士
国際マッケンジー協会認定セラピスト
フットサポートLilt 代表
<帯同実績及び活動>
中央学院大学サッカー部フィジカルトレーナー
船橋FCトレーナー
高校サッカー部トレーナー
オークスベストフィットネスパーソナルトレーナー

日時 料金 会場 定員
2017年11月5日(日)10:00〜16:00 10,800円
(税込)
墨田区内施設(申し込みされた方に連絡します。) 30名

申し込みボタン


関連セミナー

2017年10月8日(日)
2017年11月4日(日)
2017年12月3日(日)
2018年1月14日(日)
2018年3月4日(日)
PAGE TOP