局所から全体へ 〜全体の連動性を評価して運動療法に繋げる〜

局所から全体へ 〜全体の連動性を評価して運動療法に繋げる〜

局所から全体を変えられるようになりませんか?

みなさんは臨床で局所から診るべきなのか、全体から診るべきなのか悩みませんか?
局所だけやっても効果が持続しないから全体からやってみる...
変化は出るけど、やっぱり持続しない...
このような経験は誰にでもありますよね。

局所から全体に繋がる連動性の理解がポイント

結論から言うと、局所の機能(可動性・筋出力)が十分に回復すれば、全体(動作)が変わるのです。それには、局所の機能解剖をまず十分に理解する必要があります。
そこから効果を持続させるには、局所から全体に繋がる連動性を理解し、介入しなければなりません。
では、連動性はどのように評価するのか知っていますか?

全5回に分けて局所と全体の連動性を徹底理解!

今回は全5回に分け、歩行をテーマに局所と全体の連動性・運動療法についてお話ししていきます。
連動性が整った上で運動療法を行うことが効果を持続させるポイントです。

セミナー詳細

【日程】
第1回:10/30(日) 《足関節編》
第2回:11/6(日) 《膝関節編》
第3回:12/18(日) 《股関節・骨盤編》
第4回:1/29(日) 《肩甲帯編》
第5回:3/12(日) 《肩・肘関節編》
※各回とも10:00〜16:00

【会場】
墨田区周辺施設(決定次第申込者様に連絡します)

【定員】
30名

【料金】
各回とも ¥12,960(税込み)
学生 ¥9,720(税込み)

セミナーに申し込む

平 純一郎

【講師プロフィール】
アスリートRIOS副代表
まつど西口整形クリニックリハビリテーション室 室長
東京メディカル・スポーツ専門学校非常勤講師
日本体育協会公認アスレティックトレーナー

【帯同・トレーナー実績】
東京23FC理学療法士
プロ・アマチュアトップレベル選手のパーソナルトレーナー他、インターハイなどの
全国大会帯同経験多数

菅井 謙介

【講師プロフィール】
RIOS栃木県支部代表
RIOS野球専門トレーナー
NSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト

【帯同・トレーナー実績】
宇都宮リトルリーグチームトレーナー
クラシックバレエスクールトレーナー
プロ野球選手パーソナルトレーナー
セミナーに申し込む

PAGE TOP