起居動作から展開する運動療法の考え方

起居動作から展開する運動療法の考え方

効果的な運動療法を選択するための指針作り
 心身機能や動作能力を改善・向上する手段として運動療法は必須となります。今回は神経生理学をベースに神経筋促通法を中心とした運動療法を学びます。そのためには、促通に必要な要素、セラピスト自身の身体の使い方、運動制御・運動学習理論など運動療法の基礎について知る必要があります。これらを理解した上で、肢位や筋収縮方法の選択など効果的かつ適切な運動療法を実施するための方法を一から学んでいきます。
起居動作を中心に四肢体幹機能に対する応用方法を学ぶ
下肢・体幹・上肢機能や起居動作に対する応用方法を実技中心に学びます。また、運動器疾患や中枢神経疾患などの模擬症例を提示して、実際の介入方法のデモンストレーションを行います。

講義内容

テーマ『運動療法の基礎と体幹機能障害・起居〜坐位障害の応用』
・促通の基礎
・運動療法処方
・下肢機能障害への応用
・起居〜坐位障害への応用

※講義内容は変更する可能性があります。

申し込みボタン


講師:中村 祐太先生

東京都内の急性期病院に勤務後、外来整形外科クリニックの立ち上げに携わり、現在は一般整形外科・スポーツ傷害・慢性疼痛を専門にリハビリテーションを提供している。また、臨床の学校の副代表として教育活動を行うほか、研究・執筆活動も行っている。

【資格、取得技術】
理学療法士
修士(保健医療学)
認定理学療法士(運動器)
呼吸療法認定士
【学会発表、研究実績】
第29回東京都理学療法学術大会,当院での進行性ラクナ梗塞症例の報告~増悪例の臨床的特徴と急性期リハビリテーション~,2010.
第46回日本理学療法学術大会,離床開始時期が急性期ラクナ梗塞患者の進行性運動麻痺と予後に及ぼす影響,2011.
第45回日本ペインクリニック学会,転換性障害が疑われた腰下肢麻痺患者に対して神経ブロック療法と運動療法の併用が奏効した一症例,2011.
第47回日本理学療法学術大会,帯状疱疹後神経痛患者における臨床症状の特徴,2012.
第46回日本ペインクリニック学会,右上肢痛に対して下肢体幹から運動療法を行った一症例,2012.
第32回関東甲信越ブロック理学療法士学会,neglect like syndromeを併発した帯状疱疹後神経痛患者の治療経過,2013.
第25回日本臨床スポーツ医学会学術集会,理学療法介入によりフルマラソン復帰が可能となったアキレス腱付着部障害の1例,2014.

日時 料金 会場 定員
9月10日(日)10:00〜16:00 14,040円
(税込)
墨田区内施設(申し込みされた方に連絡します。) 25名

申し込みボタン


関連セミナー

テーマ【運動療法の基礎と下肢機能障害・立位〜歩行障害の応用】
・促通の基礎
・運動療法処方
・下肢機能障害への応用
・立位〜歩行障害への応用

【歩行編】の講義について詳しく

PAGE TOP