ブログ

2016年 10月

【運動連鎖】寝返り動作を用いて歩行を促通する方法

寝返りで歩行の運動要素を促通する寝返り動作は姿勢をコントロールするために必要なHeadControlや立ち直り反…

胸郭の運動連鎖

荷重によっても"運動連鎖"は変わる胸郭は上半身重心の存在する場所であり、アライメントやmobilityにより身体重心…

触診って“皮膚”にしか触れてない?

深層筋は触れらない?触診に関する悩みを聞いたり、これまで開催した触診セミナーで受けた質問などに「深層筋には触れらない…

“Head Control”から動作が始まる運動安定化要素

安定した動作とHead Control(ヘッドコントロール)Head Controlは様々な動作…

膝関節へのアプローチを極めるために

内側広筋と内側ハムストリングスの最大筋出力を引き出す 膝関節へのアプローチの目的の1つとして、膝関節を安定さ…

筋力訓練を続けたら、どんどん動けなくなってしまいました

なぜ筋力を低下させなければいけないのか臨床の現場では筋力低下が問題となっている方を担当することが多々あるかと思い…

歩行の一歩目は神経回路が異なる〜運動連鎖と神経制御の視点〜

Gait initiation(歩行の一歩目)への介入歩行は一歩目とそれ以降では働いている神経回路が異なります。歩行…

「胸椎」の治療効果はさまざま

胸椎の治療効果とは臨床上、胸椎の問題を抱える患者さんは多いと思います。脊柱の後弯が強…

感覚受容器から触診を考える

セラピストの触り方一つで反応は変わる受容器からの求心性線維は神経の太さなどからいくつかの種類に分…

バイオメカニクスの要素を治療展開に活かす

バイオメカニクスとは生体力学治療介入を始める前に姿勢や動作を観察し、現象を捉えます。…

さらに記事を表示する
PAGE TOP