ブログ

バイオメカニクスの要素を治療展開に活かす

バイオメカニクスとは生体力学

%e5%b1%b1%e5%8f%a3%e3%81%95%e3%82%9310-7

 

治療介入を始める前に姿勢や動作を観察し、現象を捉えます。

その現象を意味付けるために関節可動域や筋力などの検査測定を行っていきます。

しかし、それだけだと観察から得られた情報に対し、関節が硬いから、筋力が弱いからなどの短絡的な考察しか生まれません。

その考察だと、関節を柔軟にすることや筋力強化すれば現象はなくなるはずですが、臨床上はそればかりでは上手くいかない方が多いと思います。

観察や検査測定で得られた情報を分析するためには、身体でどのようなことが起きているのかを考えなければなりません。

それにはバイオメカニクスを考える必要があります。

バイオメカニクスは生体力学であり、運動は力学的に起こされています。

そのため、観察や検査測定で得られた情報は力学的に解釈できるものであり、力によって運動が起こるため臨床上では予測可能な思考でもあります。

観察から意味付けられた治療介入を行うためには、得られた情報にバイオメカニクスの思考要素を付与し考えなければ、治療展開には至りません。

リハビリを行う上ではバイオメカニクスとはどういうもので、どのように活用するものなのか、知っておく必要があります。

《セミナー情報》
『一日で学ぶ 〜全身から捉えるROM制限、筋出力低下に対するアプローチ〜』(大阪開催)←詳細をClick!!

・内容:新人セラピストの多くが悩む「疾患別リハビリテーションプログラム」の活用の仕方。臨床で実際の患者さんに対しては「疾患別」でなく「個別性」を捉える必要がある。本セミナーは、リハビリで特に遭遇することの多い「ROM制限」と「筋力低下」にフォーカスし、さらに姿勢・身体内の運動連鎖を加味した上で、「ROM」や「筋力」の評価・治療について考えられるようになります。
・日時:11/20(日)10:30〜16:30
・講師:佐々木 隆紘 先生(東馬込しば整形外科 理学療法士)

11月20日
『一日で学ぶ 〜全身から捉えるROM制限、筋出力低下に対するアプローチ〜』
申し込みボタン

 

関連記事

  1. 【保存版】基礎から学ぶ「股関節の外旋6筋」解剖学シリーズ #2
  2. 肩甲帯に対する運動療法の重要ポイント
  3. 【脳卒中リハ】脳血管障害を捉える上で注意すべき”運動…
  4. 治っていくための条件とは?
  5. セラピストが対応できる強みとは?
  6. 侵害刺激への対応
  7. 筋膜リリースの効果
  8. “Head Control”から動作が始…

最近の記事

PAGE TOP