ブログ

胸腰筋膜とコアコントロール

胸腰筋膜の張力を利用する

13932715_938896336237235_4337040748855936329_n

 

体幹の動的安定には腹横筋や骨盤底筋群などの腹圧をコントロールする筋や大腰筋・多裂筋などがよく挙げられます。

もちろんそれらの筋はかなり重要になりますがその他にも体幹安定性を向上させる筋はあります。

今回は【胸腰筋膜】についてです。

胸腰筋膜は頚部から腰部まであり固有背筋(脊柱起立筋や板状筋など)と非固有背筋(僧帽筋など)を区切る役割をしています。

また、浅葉と深葉に分けられ浅葉は広背筋の起始腱膜により補強されています。

深葉は内腹斜筋や腹横筋の起始となっておりコアコントロールにも大きく関与してきます。

胸腰筋膜が張ることで脊柱安定性が向上し、多裂筋や腸腰筋の負担の軽減につながります。

内腹斜筋の収縮を促すだけでも腹横筋や横隔膜の収縮を促すことができます。

このように直接骨盤底筋群や横隔膜などを収縮させることもできますが胸腰筋膜の張力を利用して徒手的にも他の筋を収縮させて間接的な筋収縮でもコアマッスルに刺激を与えることができます。

もっと詳しく学習したい方は、下記の①セミナーへ。

 

《セミナー情報》
①『解剖学的重要ポイントと筋膜連鎖〜四肢における解剖学的重要ポイントの考え方、評価・治療〜』←セミナー詳細をクリック!!

・内容:解剖学の勉強方法と頚部・胸郭における解剖学的重要ポイントを学ぶ。筋膜の特徴を知り局所と全体を捉える。全身評価、局所評価、神経・血管の走行ポイント、関節・筋・靭帯・自律神経・胸膜へのアプローチを学ぶ。
・日時:1/22(日)10:00〜16:00
・講師:佐々木 隆紘先生(東馬込しば整形外科 理学療法士)
・定員:32名

1/22(日)
『解剖学的重要ポイントと筋膜連鎖 』
申し込みボタン

 

②『スポーツ理論から学ぶ局所から全体へ -全体の連動性を評価して運動療法に繋げる-』←セミナー詳細をクリック!!

・日時:1/29(日)10:00〜16:00
・講師:平 純一郎(アスリートRIOS副代表、まつど西口整形クリニックリハビリテーション室 室長)
・定員:30名 ※学生はお得な学割料金あり!

1/29(日)
『局所から全体へ-全体の連動性を評価して運動療法に繋げる-』
申し込みボタン

 

触診セミナーテキスト 無料プレゼント

fullsizeoutput_26bc

過去に開催された「触診セミナー」のテキストを特別プレゼント!(このプレゼントは予告なく終了することがあります)
触診セミナーテキスト
無料プレゼントご希望の方はこちら

 

関連記事

  1. 【肩・肘関節】上肢の機能不全が歩行に与える影響
  2. “治療的”評価を活用する
  3. 【保存版】基礎から学ぶ「最長筋」解剖学シリーズ #6
  4. セラピストが対応できる強みとは?
  5. 腸骨の前傾による身体の変化
  6. 筋膜治療の可能性
  7. 歩行に変化を出すには
  8. 歩行する上で重要な骨盤の回旋運動

最近の記事

PAGE TOP