ブログ

拘縮に対する徒手療法のエビデンス

解剖・運動・生理学に基づき拘縮を改善する

1227

 

臨床でよく問題点となる「拘縮」ですが、
その発生機序の一つに「局所における循環障害」が挙げられます。

循環障害が起こるとうっ血や浮腫が生じ、組織障害が起こりやすい状態になります。

このような状態が持続することで結合組織の増殖や変化が起こり、組織間の癒着が生じやすくなります。

このように発生した拘縮に対して、徒手的に介入することは有意義であると考えられます。

ラットを使った研究では拘縮した関節に対する徒手的介入にて、

関節包におけるコラーゲン線維束間の間隙の拡大が観察されています。

この徒手的介入は単純に雑なストレッチを行うだけでは効果は認められず、
関節構造を熟知した上での繊細な介入をすることで起きる変化であると考えられます。

解剖学・運動学・生理学に基づいた適切な徒手的介入により、拘縮を改善させられる可能性が高くなります。

 

《セミナー情報》

①『解剖学的重要ポイントと筋膜連鎖〜四肢における解剖学的重要ポイントの考え方、評価・治療〜』←セミナー詳細をクリック!!

・内容:解剖学の勉強方法と頚部・胸郭における解剖学的重要ポイントを学ぶ。筋膜の特徴を知り局所と全体を捉える。全身評価、局所評価、神経・血管の走行ポイント、関節・筋・靭帯・自律神経・胸膜へのアプローチを学ぶ。
・日時:1/22(日)10:00〜16:00
・講師:佐々木 隆紘先生(東馬込しば整形外科 理学療法士)
・定員:32名

1/22(日)
『解剖学的重要ポイントと筋膜連鎖 』
申し込みボタン

 

②『スポーツ理論から学ぶ局所から全体へ -全体の連動性を評価して運動療法に繋げる-』←セミナー詳細をクリック!!

・日時:1/29(日)10:00〜16:00
・講師:平 純一郎(アスリートRIOS副代表、まつど西口整形クリニックリハビリテーション室 室長)
・定員:30名 ※学生はお得な学割料金あり!

1/29(日)
『局所から全体へ-全体の連動性を評価して運動療法に繋げる-』
申し込みボタン

 

blog_botan1
blog_botan2
blog_botan3

 

触診セミナーテキスト 無料プレゼント

fullsizeoutput_26bc

過去に開催された「触診セミナー」のテキストを特別プレゼント!(このプレゼントは予告なく終了することがあります)
触診セミナーテキスト
無料プレゼントご希望の方はこちら

 

関連記事

  1. 【触診】関節可動域のエンドフィールを見極める触診の極意
  2. 恥骨を評価すべき理由
  3. 【ADL指導】立ち上がり動作に必要な身体機能を理解しよう。
  4. 【保存版】基礎から学ぶ「内臓の位置関係」解剖学シリーズ #3
  5. 【保存版】腰痛でみるべき重要な筋肉「多裂筋」解剖学シリーズ #4…
  6. 痛みが長引きやすい変形性膝関節症(膝OA)で代表的な2つの病態と…
  7. 筋力訓練を続けたら、どんどん動けなくなってしまいました
  8. 関節拘縮の利点、筋力低下の利点

最近の記事

PAGE TOP