ブログ

2017年 1月

インピンジメント症候群に対するアプローチ

動作をみてアプローチを選定する肩関節疾患で非常に多く臨床で遭遇する病態として「インピンジメン…

肩甲上腕リズムの破綻はなぜ起こるのか

原因の一つは「〇〇筋」の短縮上肢挙上時における上腕骨と肩甲骨の連動した動きは、円滑な挙上動作…

姿勢制御の目的

「目的運動性」と「支持運動性」姿勢制御は自動化された機能であるため、本人はバランスを取ること…

「筋膜」の硬さが身体機能に与える影響

まずは筋膜を整えることが大事筋肉の硬さや関節の硬さなどはセラピストが臨床で問題視する現象です。そして近年注目を浴…

体幹の可動域制限の原因はどこなのか?

体幹の〇〇、無視してない?あなたは体幹の可動域制限の原因は何だと思いますか?胸郭の可動域…

ストレスで身体が硬くなるの?

そもそもなぜ身体はカタくなるのか関節可動域制限は臨床で問題とすることの多い病態の一つですが、…

侵害刺激への対応

状態把握としての触診や姿勢評価が重要人は皮膚にある自由神経終末により、侵害刺激を感知していま…

内臓も可動域制限の要因となる

内臓の要因も重要である臨床では可動域制限に対してアプローチを行うことは多いと思います。…

筋膜リリースの効果

タッチ技術が必要不可欠筋組織には筋紡錘やゴルジ腱器官などの受容器から求心性ニューロンが存在し…

下行疼痛抑制系を機能させる

痛みは取るものではなく抑制するもの痛みは下行疼痛抑制系により痛み刺激を緩衝しています。…

さらに記事を表示する
PAGE TOP