ブログ

【運動連鎖】その動きには利点もあれば欠点もある

その動作を安易に変えていいのか?

臨床において、膝痛などと関わる方も多いと思います。

しかし、中にはレントゲン上、変形がさほど進んでいない方もいます。

その場合、機能代償として膝を屈曲していることも少なくありません。

機能代償とするなら、利点があるから、膝を屈曲位にする方が何らかの都合が良くなっています。

膝関節を屈曲させる下半身重心の前方に向かいます。

下半身重心が前方化すれば、歩行時の蹴り出しの推進力を得ることができます。

このような動作における利点があるため、膝関節での戦略を選択しています。

欠点としては、膝を屈曲位で制御しなければいけないため四頭筋や下腿三頭筋などの持続的な筋収縮が求められ、筋痛などが生じる場合もあります。

つまり、膝関節が屈曲しているからと言って伸展させることを短絡的に行うと反って歩行推進力が低下し、歩行効率は下がってしまい、それを補おうとより四頭筋などが過活動を起こしてしまう場合もあります。

単純な筋痛であれば四頭筋などを緩めれば改善することもありますが、機能代償の場合では、それだけでは改善しません。

股関節伸展要素がなければ蹴り出しは不十分になりますし、体幹が安定していなければ身体重心を制御できません。

これだけが、原因ではありませんが、関わる方の動作がどのような利点があるため、現状の動作に至っているかを考えるだけでもセラピストが何をすれば良いか見えてきます。

動作を分析する際は利点と欠点を把握することが必須です。

さらにもっと深く学びたい方はこちらのセミナーがオススメ!


『歩行障害から紐解く運動療法の展開〜デモで深く学ぶ〜』←セミナー詳細をクリック!!

・日時:8/20(日)10:00〜16:00
・講師:中村 祐太先生(東馬込しば整形外科 理学療法士)
・定員:25名
・内容:促通の基礎、運動療法処方、下肢機能障害への応用、立位〜歩行障害への応用etc…

8/20(日)
『歩行障害から紐解く運動療法の展開』
申し込みボタン

 

blog_botan1
blog_botan2
blog_botan3

 

触診セミナーテキスト 無料プレゼント

fullsizeoutput_26bc

過去に開催された「触診セミナー」のテキストを特別プレゼント!(このプレゼントは予告なく終了することがあります)
触診セミナーテキスト
無料プレゼントご希望の方はこちら

 

関連記事

  1. セラピストが対応できる強みとは?
  2. 姿勢評価は原因を探るもの
  3. 説明できる?姿勢評価で見落としてはいけない「質量中心」の捉え方と…
  4. 歩行の一歩目は神経回路が異なる〜運動連鎖と神経制御の視点〜
  5. 上腕二頭筋と上腕三頭筋の共同
  6. トレーニングすることが難しい大腰筋
  7. 足関節の安定と衝撃吸収
  8. 筋膜セーターコンセプト

最近の記事

PAGE TOP