ブログ

姿勢制御に関わる重心とモーメントの関係

重心は大きく2つに分けられる

どんな人でも何気なくとっている姿勢には多くの身体感覚や組織が密接に関わっています。

姿勢保持筋や感覚のバランスなどがありますが、今回は重心とモーメントについてお伝えします。

そもそも重心とは物体の各部に働いている重力の作用と等価な合力が作用するはずの点と言われています。簡単に言うと身体の中心です。

重心は大きく分けると上半身重心下半身重心に分けられます。

上半身重心は第7–9胸椎に存在し、下半身重心は大腿部の1/2-2/3にあります。そのためこの二つを合わせた第2仙骨のあたりが全身の重心になります。

さらには重心を考える上で大事なものは支持基底面です。この支持基底面の中に重心があることでヒトは立位を保つことができます。この支持基底面から重心が外れるとバランスを崩し転倒してしまいます。

重心と姿勢制御の図

モーメントとは「力(ちから)」である

運動学の中で、特に苦手意識を持ちやすい「モーメント」ですが、実は重心とモーメントはとても密接な関係があります。

先ほど、支持基底面の中に重心はあり、これが大きく外れるとバランスを崩してしまうといいましたが、このバランスを取るためにはモーメントのバランスが必要なのです。

モーメントとか横文字で並べられるとわかりづらいですが、簡単にいうとモーメントとは「力(ちから)」という認識でいいと思います。

筋肉が働くのも「力」の一種ですし、重力がかかるのも「力」の一種です。

下図をごらんください。
 

モーメントと姿勢制御の図

人はまっすぐ立っていると外からの力=外的モーメント(重力)がかかっています。
それに負けじと頑張っているのが内からの力=内的モーメント(筋肉)です。
体の感覚で人は無意識に重力に負けないように体の感覚器官が反応し、絶妙な力加減で立っていることができます。
この力の真ん中にあるのが重心です。このバランスが崩れると潰れてしまいます。

今度は応用して考えてみましょう。

下図の場合、どのような力加減になるかわかりますか?

姿勢制御とモーメントの関係

【解説】
・上半身重心が少しずれて立位姿勢を保っている。
・上半身にかかる外的モーメント(重力)は真下にかかっている。
・外的モーメントに対して内的モーメント(筋力)上の力(背筋=緑)が働いている。

このように各姿勢では、このようにモーメントがうまく働きながら人は立っています。

重心とモーメントの関係について、まずは図でイメージできるようになることが大切です。

参考文献

さらにもっと深く学びたい方はこちらのセミナーがオススメ!


『歩行障害から紐解く運動療法の展開〜デモで深く学ぶ〜』←セミナー詳細をクリック!!

・日時:8/20(日)10:00〜16:00
・講師:中村 祐太先生(東馬込しば整形外科 理学療法士)
・定員:25名
・内容:促通の基礎、運動療法処方、下肢機能障害への応用、立位〜歩行障害への応用etc…

8/20(日)
『歩行障害から紐解く運動療法の展開』
申し込みボタン

 

blog_botan1
blog_botan2
blog_botan3

 

触診セミナーテキスト 無料プレゼント

fullsizeoutput_26bc

過去に開催された「触診セミナー」のテキストを特別プレゼント!(このプレゼントは予告なく終了することがあります)
触診セミナーテキスト
無料プレゼントご希望の方はこちら

 

関連記事

  1. 【保存版】基礎から学ぶ「腰方形筋」解剖学シリーズ #5
  2. 歩行時における推進と制動
  3. 寝返りを歩行に繋げるリハビリテーション
  4. 筋膜治療の可能性
  5. 肩甲上腕リズムの破綻はなぜ起こるのか
  6. 変形性膝関節症の病態と痛みの機序を理解しよう。
  7. 痛みが長引きやすい変形性膝関節症(膝OA)で代表的な2つの病態と…
  8. 臨床で頻度が多い3つの運動療法と徒手療法

最近の記事

PAGE TOP