ブログ

【保存版】糖尿病(DM)患者を診る前におさらいしよう


臨床の学校の最新情報が届く!
臨床のことを相談できる!
↓↓【臨床の学校LINE@】ぜひ友達追加してね!
友だち追加

糖尿病は医療従事者じゃなくても知っているぐらい、世の中に多く出回っている言葉ですね。

今の日本の代表的な生活習慣病の一つであり、メディアでも多く取り上げられています。

ここで簡単におさらいしましょう。

糖尿病ってなに!?

糖尿病とは慢性的な高血糖のことです。

血液の中の糖のバランスをとる役目であるインスリンが効かなくなったり、出なくなったりすることで発生します。

糖尿病には大きく分けて2種類あります。

1型糖尿病:インスリンがそもそも出にくいなど。(全体の5%)
2型糖尿病:インスリンは出るけど、生活習慣が悪くなった。(全体の95%)

ここで1つ質問です。

インスリンはどこから出るかわかりますか?国家試験でも出ましたね。

膵臓にあるランゲルハンス島β細胞から出ます。

ここで簡単にインスリンの分泌とその働きについて生理学をおさらいしましょう。

食事をして血中に糖があると、ランゲルハンス島β細胞に糖が入ります。

そうすると細胞は中からインスリンを血中に出します。

血中に出たインスリンは他の細胞に糖を細胞の中にもっと入れろと指示を出し、細胞の中にどんどん入れていきます。

これが本来の働きです。

これが糖尿病の場合はランゲルハンス島β細胞からインスリンが出なかったり(1型)、インスリンは出るんだけど、細胞が慣れてしまって糖が取り込みにくくなってしまったりします。(2型)

また補足ですが細胞がずっと慣れてしまうとランゲルハンス島β細胞も疲れてしまってインスリンを出さなくなったりします。

糖尿病患者を見るときのリスク管理について

状態が軽い重いに限らず糖尿病の患者さんを見たことがないという医療従事者の方はあまりいないと思います。

今回は糖尿病患者を見るときのリスク管理についておさらいしていきます。

図で表したものが運動療法の禁忌です。行う前には十分に検査する必要があります。

これらを調べるには、血液検査や運動負荷試験などの評価などが必要です。

もし糖尿病の患者をリハビリすることになったら

・血糖値(250mg/dl以下)
・血圧(収縮期血圧180mmHg以下)
・心拍数
・息切れ、動悸、めまい、吐き気

は注意してみる必要があります。

運動療法を行う上で運動負荷をどうするかは重要です。計算方法は多くあります。

最後に

もしこれは難しいと感じたら担当の医者に中止基準について相談することも大切です。

不安な状態でリハビリを行えばその不安は患者さんに伝わっていきます。

運動前に評価をして安全にリハビリを行いましょう!!

参考文献


おすすめセミナー

体幹の触診の図
『触診上達理論〜触診スキルアップの考え方〜』【体幹編】←セミナー詳細をクリック!!

・内容:脊柱・体幹筋・靭帯・動脈・内臓の触診(頚椎・腰椎・肋椎関節・大腰筋・横隔膜・棘上靭帯・肋軟骨・肝臓など)、深い組織を触れるための意識の仕方、解剖学的知識の確認、解剖学的知識の確認、骨、靭帯、筋の触り分け方etc…
・日時:2/25(日)10:00〜16:00
・講師:押川 武将先生(東馬込しば整形外科 理学療法士)
・定員:25名

2/25(日)
『触診上達理論~触診スキルアップの考え方~』
申し込みボタン

応用の触診の図
『触診上達理論〜触診スキルアップの考え方〜』【応用編】←セミナー詳細をクリック!!

・内容:評価の構造、筋膜の特徴、触診技術を応用した(筋膜など)評価・治療、骨・靭帯・筋の触り分け方etc…
・日時:3/18(日)10:00〜16:00
・講師:押川 武将先生(東馬込しば整形外科 理学療法士)
・定員:25名

3/18(日)
『触診上達理論~触診スキルアップの考え方~』
申し込みボタン

blog_botan1
blog_botan2
blog_botan3

触診セミナーテキスト 無料プレゼント

fullsizeoutput_26bc

過去に開催された「触診セミナー」のテキストを特別プレゼント!(このプレゼントは予告なく終了することがあります)
触診セミナーテキスト
無料プレゼントご希望の方はこちら

【臨床の学校LINE@】
友だち追加

関連記事

  1. 【肩関節】機能的な肩関節に必要な「肩甲骨」と「脊柱」の関係
  2. 気をつけて!!不快な触診が身体環境に及ぼす影響とは?
  3. 整形外科的なマルアライメントから考える猫背のデメリット
  4. 腰痛リハの基礎知識!腰痛評価のアルゴリズムとは?
  5. 内臓も可動域制限の要因となる
  6. 「胸椎」の治療効果はさまざま
  7. 【評価】もう一度確認しておきたい!姿勢評価に必要な「質量中心」の…
  8. “Head Control”から動作が始…

最近の記事

PAGE TOP